ピラティスボールを取り入れる効果とメリット


ピラティスボールは背筋を鍛えるのに効果的と言われています

ピラティスボール
ピラティスボール(バランスボール)を使うと、体幹を鍛えることができるとされています。

椅子代わりに座るだけで、腹筋、背筋が鍛えられるとブームになりました。

背筋は人体の中でも大きな筋肉なので、鍛えることで基礎代謝がアップし、ダイエットを考えている女性にも重要な部分です。

そもそも、「背中が引き締まっている人は美しい」です。

薄着の季節に周りをハッとさせるような、美しい背中を手に入れましょう。

そのためにピラティスボール(バランスボール)はたいへん便利ですので、ぜひ活用したいものです。

一般的な「背筋運動」は、腰や背中につるような痛みが出ることがあります。

ボールがあれば、背筋の弱い人でも負荷を軽くし、無理なく鍛えることができます。

日本人は背筋が弱いと言われています

まずは、これから鍛えたい「背筋」について、勉強しておきましょう。

欧米人は狩猟民族であったため、弓を引く際に背筋が発達したと言われています。

それに比べて農耕民族の我々日本人は、前かがみで背中を丸めて、畑を耕していました。

背筋は「引く」動作をするときに必要な筋肉ですが、日本人は引くときも「腕」を使ってしまうそうです。

その結果、背筋の強さに差が出てしまいました。

前屈みで腕を使っていると、背中はどんどん弱く、丸まってしまいます。

「猫背」に悩んでいる日本人は、年齢に関わらず増えているそうです。

恰好が悪いだけでなく、頭痛や肩こりが出てきてしまうので、背筋を鍛え、解消する必要があります。

そこで、背筋を鍛えることができるピラティスを、ボールを使って行うことで無理なく行うことができるのです。

ピラティスは、体を内側から総合的に鍛えるエクササイズなので、背筋にももちろん有効と言われています。

あまり意識することの少ない背筋ですが、猫背の矯正からジャンプ力のアップまで、実はとても重要な筋肉なのです。

エクササイズにピラティスボールを取り入れてみよう

基本姿勢
ピラティスボールは直径20~26cmと小さいため、バランスをとるのが難しいです。

ピラティス初心者は大き目の「バランスボール」から始めるといいでしょう。

背筋を鍛えると、腰痛の改善にも効果が期待できます。

エクササイズするときはしっかりと背筋を意識して動いてください。

では、具体的なエクササイズ法をご紹介します。

まず、バランスボールの上に、頭と肩甲骨を乗せます。

膝を肩幅に広げて曲げ、頭から膝までまっすぐにします。

両手は胸の上におきます。

準備ができたら片足をまっすぐに、膝の高さまで上げます。

お尻が上がったり下がったりしないよう、床と水平を保って行いましょう。

次はハンドニーというエクササイズです。

ボールにお腹をつけ、手と足を床につけます。

右手左足を対角線上に伸ばして床から上げ、指先からつま先まで一直線になるようにキープします。

ゆっくりと元に戻したら、反対も同様に行います。

左右10回以上を目標に行ってみてください。

ボールがサポートしてくれるため、高齢の方や初心者でも比較的楽に行えます。

ボールに座るときは姿勢を意識しましょう

ボールを購入したら、まずは座ってみたいでしょう。

座ることも最初は難しいのですが、体幹を鍛える効果が上がる、ポイントをご紹介します。

まずは「正しい姿勢で座る」ことから。

実はこれだけで苦労します。

ボールの中心に座り、どちらかの肩が下がっていないか、どちらかのお尻に体重をかけていないかを確認します。

次に、横から見て骨盤の中心と肩と耳が一直線上にあるかもチェックしてください。

全身が映るサイズの鏡があると便利です。

正しい姿勢をマスターしたら、少し動いてみましょう。

まずは骨盤の前後の動き。

ボールに座り、背中を丸めながら骨盤を後ろへ倒します。

このとき、腹筋にしっかりと力を入れてください。

次に左右の動き。

頭の位置と肩を上下させないように、お尻を片方ずつ持ち上げます。

やってみるとかなり難しいことがわかります。

でも、この基本の「正しい姿勢」をマスターすることが、美しい背中への第一歩です。

(まとめ)ピラティスボールで背筋を鍛えられるの?

1.ピラティスボールは背筋を鍛えるのに効果的と言われています

ボールでのエクササイズは背筋を効率よく鍛えます。

不安定なことを活かして、体の奥の筋肉を使う動きを意識することができます。

また、ボールを利用することで負荷を軽くし、無理なくエクササイズをすることが可能です。

2.日本人は背筋が弱いと言われています

生まれつきの背筋の弱さを意識して鍛えることによって、猫背の解消、肩こりの緩和などの効果が期待できます。

猫背が直れば洋服も決まりますし、体の不調を感じている人におすすめのエクササイズです。

3.エクササイズにピラティスボールを取り入れてみよう

ボールを使うことで負荷が軽くなり、難しいポーズも比較的楽にとることができます。

ポイントは動作はすべて「ゆっくり」行うことです。

ゆっくりと負荷をかけながらうごくのがピラティスの基本です。

4.ボールに座るときは姿勢を意識しましょう

ボールを手に入れたらまず正しい姿勢で座ることをマスターしましょう。

それができたらその状態で前後左右に動きます。

正しい姿勢をとれるようになることが、背筋を鍛えることにつながります。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る