ピラティスの呼吸の意味とは?


ピラティスの呼吸の意味は心身の活性化です

ch0010009041l
ピラティスのエクササイズでは、呼吸法が大変重要な意味を持っています。

胸式呼吸を行うことで、酸素を体中に運びエクササイズを行いやすい状態にします。

酸素が十分に得られた体は機能を活性化して、代謝を促進することができるでしょう。

また、ピラティスの呼吸を行うと交感神経が活性化することができ、心身をすっきりとリフレッシュさせる効果も期待できます。

ヨガの効果とは違った作用とエクササイズの方法を持つピラティスだからこその胸式呼吸の効果です。

エクササイズ中に胸式呼吸をすることで、動きを良くして体の柔軟性を高めてより高い効果が期待できるでしょう。

ピラティスの呼吸の意味は基本の3本柱の一つ

ピラティスのエクササイズにおいて、呼吸は基礎とも言うべき重要な意味を持っており、決して欠かすことのないものです。

ピラティスには3つの重要な柱とも言うべきポイントがあり、その内の一つが呼吸となります。

ピラティスの呼吸は胸式呼吸であり、正しくこれを行うことでピラティスのエクササイズの効果に違いが出ます。

呼吸法を怠ったエクササイズはもはやピラティスではないと言われる程の重要度なので、エクササイズの時はもちろんのこと、日常的に呼吸法を行って上手にできるようにしておくと良いでしょう。

呼吸法だけでも十分に意味があるため、頭をスッキリさせたい時やリフレッシュしたい時など日常生活の中でもその効果を生かしてみましょう。

ピラティスの3本柱のうち、呼吸以外には姿勢や体のコアを意識することがあります。

正しい姿勢と正しい呼吸を維持しながら、体の中心を鍛えることで、体の歪みや機能不全を改善する環境を整えることが大切です。

ピラティスの呼吸の意味は心身のリフレッシュ

3803517719_61fc214012_b
ピラティスの呼吸法は、交感神経に働きかけて心身を目覚めさせる効果が期待できます。

胸式呼吸は横隔膜を使って行われ、胸を広げて肺により多くの酸素を取り込む方法です。

深い呼吸を繰り返すことで、浅い呼吸を排除して効果的に体の隅々にまで酸素を取り入れることができるでしょう。

ピラティスの呼吸法と正反対の意味を持っているのが、ヨガの呼吸です。

ヨガは瞑想を特徴としており、深いリラックスの中で行われます。

そのため、ヨガでは腹式呼吸を取り入れており、副交感神経の働きを活性化する効果があるようです。

ヨガではピラティスのような動きのあるエクササイズは行われません。

落ち着きのある動きで緩やかに体を整えます。

ピラティスの呼吸は体に酸素を届けることに大きな意味があります。

体を目覚めさせてエクササイズを行いやすい状態にすることができ、さらに酸素の供給で代謝機能がアップします。

交感神経は適度な緊張を引き出して、心身を元気にしてくれます。

浅い呼吸で血行不良を引き起こして元気がなくなっている時にも効果が得られそうです。

ピラティスの呼吸の意味は筋肉と骨格に

ピラティスの呼吸は、体の筋肉や骨格を正すという意味も持っています。

横隔膜を使った胸式呼吸はその周囲の筋肉を動かしてコアマッスルを鍛えます。

コアマッスルとは体の深い位置にある筋肉のことで、通常の筋肉トレーニングやスポーツなどでは十分に動かすことのできないものです。

胸式呼吸で横隔膜とその周辺にあるコアマッスルを鍛えることで、正しい姿勢を維持するパワーを蓄えます。

また、体を支える力が高くなるため、筋肉や骨の痛みを和らげる効果も期待できます。

さらに呼吸を行いながらエクササイズを行うことで、骨と骨の隙間を広げてより柔軟に体を動かしやすくなります。

骨同士の隙間が狭まることで起こる骨の痛みを改善し、歪んで固定されてしまった骨格も骨の隙間を伸ばすことで正しやすくします。

息を吸うことで骨の隙間を伸ばしてから吐きながら正しい姿勢をとることで骨を正しい位置に戻すことができるでしょう。

骨格が整うことで、歪みによって圧迫されていた筋肉が正常化して、凝りなどの不快症状の改善が期待できます。

(まとめ)ピラティスの呼吸の意味とは?

1.ピラティスの呼吸の意味は心身の活性化

ピラティスのエクササイズでは体の中に酸素を十分に取り入れて運動しやすい状態を作ることが大切です。

ピラティスの胸式呼吸ではこの作用を活かしてエクササイズの効果を高めることができるでしょう。

2.ピラティスの呼吸の意味は基本の3本柱の一つ

ピラティスの呼吸法は、エクササイズを行う時に大変重要な柱のひとつとなっています。

呼吸法だけでも意味のあることであり、リフレッシュしたい時などに行うと効果が期待できます。

3.ピラティスの呼吸の意味は心身のリフレッシュ

ピラティスの呼吸は交感神経を刺激して、エクササイズを行いやすい状態にします。

体が元気になり、代謝機能を高めます。

一方ヨガでは動きのあるエクササイズは行わないので、腹式呼吸で副交感神経を使います。

4.ピラティスの呼吸の意味は筋肉と骨格に

ピラティスの胸式呼吸では、横隔膜とコアマッスルに働きかけることで正しい姿勢を維持する力を付けられます。

また、呼吸を行うとともに体を動かすことで、骨の間を広げて柔軟な動きができ、骨の位置を正すことができるでしょう。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る