ピラティスで腹筋を鍛えると筋肉痛になる?


ピラティスは腹筋に効果的に負荷を与えるので筋肉痛になります

imasia_13739863_M
ピラティスで腹筋を鍛えるとほとんどの場合筋肉痛になります。

筋肉を鍛えたり、運動をしたりすると翌日筋肉痛に悩まされることが多々あります。

しかし、これは決して悪い事ではなく、それだけ筋肉へ負荷がかかり鍛えられているという証拠とも言えます。

ピラティスのエクササイズは簡単な動作のために見た目ではとれほどきついエクササイズには見えないかもしれません。

しかし、効果的に筋肉にアプローチしているため筋肉痛になっているという事です。

だれでも自分の体調や状況に応じて、適度な負荷を調整できるようにも考案されているため、これから腹筋を鍛えようとしているビギナーにも、ある程度の腹筋をさらに鍛えていこうという筋トレ上級者にとっても効果を発揮するエクササイズとして知られているのです。

筋肉痛の原因はいくつか考えられます

筋肉痛がそもそもなぜ起こるのかには幾つかの原因が考えられます。

まずは運動によって筋肉に乳酸などの疲労物質がたまるためです。

疲労物質が蓄積されることによって、体が脳に痛みを感じさせ、安静にするように促している可能性が考えられます。

実際、筋肉痛がひどいといつものように動く事ができなくなるため、必然的に体をゆっくり動かしたり、無理な運動を控えたりしますので、体の持つ一つの防衛本能とも言えるでしょう。

また、筋肉を動かすことによって結合組織が損傷している事も考えられます。

筋肉は収縮を繰り返すことで鍛えられていくわけですが、その過程で組織を傷めてしまう事があります。

この傷ついてしまった組織が炎症を起こして、痛みを生じさせている可能性もあるのです。

また、筋肉痛は筋肉を回復させる時に生じる炎症とも言われます。

筋肉を鍛えることで、筋肉が多少なりとも損傷をすると、その損傷部分を分解して新たな組織が作られます。

この時の過程で痛みが発生するとも言われているのです。

必ず筋肉痛が出るとは限りません

腹式呼吸で筋肉を鍛える
こうした原因から筋肉痛が起こりますが、必ずしも筋肉痛がなければ筋肉が鍛えられていないというわけではありません。

そのため、筋肉痛が出ない程度にトレーニングを控えるスポーツ選手もいます。

しかし、日頃の筋トレにおいては、どうしても普段使っていない筋肉を使うわけですから、筋肉痛を避けることは難しいと言えるでしょう。

むしろ、筋肉痛の度合いによってエクササイズの時間や量を調整する事ができるようになります。

ピラティスのエクササイズは、元々はリハビリのために考案されたものです。

そのため、体の自由が利かない人でも、効果的に筋力をアップし維持する事ができるように工夫されています。

しかし、その一方でかなり鍛え上げているものの、さらに強い筋肉を手に入れる上で活用している方も多く、まさにどのような人にも合わせられる柔軟性の高いエクササイズと言えるでしょう。

とりわけ、ピラティスのエクササイズはインナーマッスルに働きかけるものが多く、体幹からしっかりと安定させることが期待できます。

ピラティスの呼吸法は独特です

ピラティスにしてもヨガにしても、エクササイズの動作と同じくらい重要になるのが呼吸法です。

ヨガの場合は腹式呼吸で体をリラックスさせることを目的としています。

一方のピラティスは、胸式呼吸という呼吸法を使います。

胸式呼吸とは、お腹を膨らます腹式呼吸とは異なり、胸を膨らませるのが特徴です。

つまり肺に空気をたくさん取り込むという事です。

胸式呼吸をマスターするには少しのコツが必要ですが、ピラティスのエクササイズの効果を十分に引き出すためにも不可欠な呼吸法のため、最初のうちにしっかりマスターしておきましょう。

この胸式呼吸の特徴はインナーマッスルに負荷を与えることができるという点です。

肺にたくさん空気を入れた後に吐きだす際、ろっ骨を体の中心へと縮めていきます。

その結果、インナーマッスルがその収縮によって刺激され鍛えられるのです。

腹筋を鍛える際にも簡単な動作とこの呼吸法で、短時間でも効果の期待できるエクササイズができるでしょう。

(まとめ)ピラティスで腹筋を鍛えると筋肉痛になる?

1.ピラティスは腹筋に効果的に負荷を与えるので筋肉痛になります

ピラティスは適度な負荷を与えることで腹筋を鍛えることに効果があるとされています。

翌日に筋肉痛を覚えることでも、確実に負荷がかかり腹筋の強化に役立っていることを実感できるでしょう。

2.筋肉痛の原因はいくつか考えられます

なぜ筋肉痛になるのかという疑問に対する答えは複数考えられます。

筋肉の疲労や炎症、また損傷した個所を修復する際に痛みが生じると考えられており、いずれにしてもその筋肉に負荷がかかった事がわかります。

3.必ず筋肉痛が出るとは限りません

筋肉痛があれば効果的なトレーニングができたというわけではありません。

逆に筋肉痛がないからと言って、適切な負荷がかからなかったとも言いきれません。

いずれにしてもピラティスは自分にあった適度な負荷を調整できます。

4.ピラティスの呼吸法は独特です

ピラティスのエクササイズに大きな影響を及ぼすのが呼吸法です。

胸式呼吸という呼吸法は体をリラックスさせるだけでなく、インナーマッスルに負荷を与える効果があり、それ自体が一つのエクササイズとなり得ます。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る