ピラティスをより効果的に行える時間帯は?


ピラティスで効果を出すなら時間帯よりもその前後に注意しましょう

imasia_6566368_M
ピラティスは、会社帰りにスタジオで行ったり自宅で寝る前や朝一番に行ったりとさまざま時間帯にやっている人がいます。

基本的には、朝の時間帯は特に効果が高いものとされていますが、ピラティスの効果はそれ以外の時間に行っても十分に得られます。

また、それぞれの人の期待する効果の種類に応じて適した時間帯に行うという方法もあります。

ピラティスで最も注意すべき点は、いつも行う時間帯選びではなく、その時間の前後の管理にあります。

食事や睡眠などがピラティスのエクササイズ効果に影響を与えることもありますし、ピラティスをした後に行わない方がよい行動もあるためです。

できれば、ピラティスをするための時間帯を設定したら、その前後の行動をコントロールして、より高い効果をリスクなしに得られるようにしましょう。

ピラティスに集中できる時間帯を確保してください

ピラティスを継続して行うためには、自分のスケジュールに合ったエクササイズのための時間帯を確保することが大切です。

いくら効果的な時間帯に行っていても、その頻度が適切でなければより良い作用を得ることはできません。

できれば毎日同じくらいの時間帯でピラティスのための時間を確保することが良いのですが、
1日か2日に一度くらいの頻度でも効果は得られます。

特に始めたばかりで疲れてしまう人であれば、体をしっかりと休めて疲労を回復することも大切です。

楽しみながら続けるためにも、筋肉への効果的なアプローチのためにも、休息の日も必要なこととなります。

時間帯を決めておくことは、基本的には自分のスケジュール管理によって集中できる時間を確保することと、その前後にピラティスのエクササイズに悪い影響を与える計画を入れないためです。

ピラティススタジオなどに通っている場合には、通いやすい余裕のあるスケジュールを立てておき、自宅で行う場合には普段から時間の確保がしやすいタイミングで行いましょう。

ピラティスは食後や空腹の時間帯を避けましょう

初心者にはマット
ピラティスを行う上で時間帯そのものはそれほど重視しなくても良いものですが、ひとつだけ守るべきことがあります。

それはピラティスを行う時間帯の体調管理です。

ピラティスのエクササイズでは、満腹や空腹で行うことは効果ではなくリスクをもたらします。

まず、満腹の時間帯にピラティスのエクササイズを行うと、気分を悪くしたり、難易度の高い動きができなくなるといったリスクがあります。

また、空腹の時間帯に行うこともめまいや立ちくらみを起こしたり、体に必要な筋肉を消費してしまうことが考えられます。

ピラティスのエクササイズでは、空腹時に行うと血中の糖質が少ないため、脂肪をエネルギーとして積極的に消費することができますが、これが行き過ぎると筋肉を分解してエネルギーに使い始めてしまいます。

これらのリスクを考えると、基本的には空腹でも満腹でもない時間帯を選ぶことが必要となります。

また、ピラティスを行った後にドカ食いをすると、どんどん栄養を吸収して、太りやすくなる可能性があります。

そのため、ピラティス後の食事はできるだけヘルシーで質の良いものを少量食べると言った気遣いも必要です。

ピラティスに適した時間帯を知りましょう

ピラティスを行うのにもっとも適した時間帯は、朝起きた後と言われています。

ピラティスは胸式呼吸によって筋肉を緩やかに動かすエクササイズであり、頭と体をすっきりとさせる働きを持っています。

ピラティスの呼吸法とエクササイズによって、リフレッシュして活動しやすい状態になれるのです。

これはピラティスの効果が自律神経の交感神経を刺激することによって起こります。

交感神経は適度な緊張と体の活発な動きを司る神経であり、目覚めのための神経です。

睡眠中の副交感神経によるリラックス状態からすっきりと頭と体を目覚めさせることによって、体は活動しやすい状態となります。

この効果は、一日の始まりをすっきりとした気分で迎えられるだけでなく、体の代謝を良くすることにもつながり、血行促進や脂肪燃焼の働きを高める作用も得られます。

朝の時間帯にピラティスのエクササイズを行うのは、面倒であったり、時間が確保できなかったりと問題点もありますが、出来る人はチャレンジしてみても良いでしょう。

(まとめ)ピラティスをより効果的に行える時間帯は?

1.ピラティスで効果を出すなら時間帯よりもその前後に注意しましょう

ピラティスを行うのに適した時間帯は朝ですが、それ以外の時間帯であっても問題はありません。

注意したいのは行う時間帯ではなく、その前後の行動です。

ピラティスの時間帯を決めたら食事や睡眠などをコントロールしておきましょう。

2.ピラティスに集中できる時間帯を確保してください

ピラティスを継続して行うために、エクササイズのための時間帯を確保しておくことは大切です。

スケジュール管理をして、自分が定期的に集中して行える時間を作りましょう。

3.ピラティスは食後や空腹の時間帯を避けましょう

ピラティスは食後の満腹時や食前の空腹時に行わない方が良いものです。

空腹でも満腹でもない時間帯を選んで行うことで、体調不良を防いで良い効果を与えることができるでしょう。

またピラティス後の食べすぎにも注意が必要です。

4.ピラティスに適した時間帯を知りましょう

朝の時間帯がピラティスをするのにもっとも適していると言われるのは、その効果が交感神経を刺激することですっきりと体を目覚めさせられるためです。

気分をすっきりさせるだけでなく、体の働きを高める効果もあります。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る