ピラティスはジムに通うよりも楽にダイエットできる?


ピラティスはジムよりもダイエットしやすいと言われています


ピラティスは、ジムに通うよりもダイエット効果が期待できます。

ピラティスはヨガを参考にして考案されたエクササイズで、様々なポーズを取ることで体を鍛えることができると言われています。

一方で、ジムでは主に有酸素運動や筋トレを行います。

ピラティスとジムでは、鍛えられる筋肉も違いますしダイエット効果にも大きな違いがあります。

また、体を鍛えるだけでなく、精神も同時に鍛えられるのがピラティスです。

ピラティスはポーズだけでなく深い呼吸を意識することからストレス発散にも繋がります。

この点はジムでの運動には無い、ピラティスならではの特徴と言えるでしょう。

ピラティスが人気となっているのは続けやすさが大きな理由です

多くの人がダイエット方法としてピラティスを選ぶ理由は、続けやすさにあります。

どんなダイエットでも、継続して行うことで理想とする効果が得られます。

逆に、どんなにダイエット効果が高い方法でも継続しなければ効果を得ることはできません。

つまり、継続しやすい方法こそが高いダイエット効果が得られる方法とも言えるのです。

ジムの場合、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や筋トレが基本です。

これらの運動で痩せるためにはある程度追い込む必要があるため、決して楽とは言えません。

初めのうちは意気込んでジムに通っていても、キツイ運動は途中で挫折してしまう可能性が高いのです。

それに対してピラティスは、年齢や性別、運動の得意不得意に関係なく誰でも継続しやすいと言われています。

呼吸法やポーズを覚えるまでは少々難しいと感じるかも知れませんが、基本さえマスターすれば楽しんで行うことが可能です。

実際に、趣味として長くピラティスを続けている人も少なくありません。

ジムでの筋トレとピラティスでは鍛えられる筋肉が違います


ジムで行う筋トレとピラティスは、どちらも筋肉を鍛える効果が期待できます。

しかし、これら2つの方法では鍛えられる筋肉が全く違います。

筋トレで鍛えられるのはアウターマッスル

一般的な筋トレでは、アウターマッスルと呼ばれる筋肉が鍛えられます。

アウターマッスルは体の表面にあり、手で触ることができる筋肉です。

体を動かし、強い力を発揮するという重要な役割があります。

男性の場合、アウターマッスルを鍛えるために筋トレを行うことが多いようです。

ピラティスで鍛えられるのはインナーマッスル

ピラティスではインナーマッスルが鍛えられます。

インナーマッスルは体の中心にある筋肉で、普段の生活の中ではあまり使われません。

そのため、多くの人はインナーマッスルが不足していると言われています。

インナーマッスルには、関節を支える働きや姿勢を保つ働きがあります。

アウターマッスルだけでなくインナーマッスルを鍛えることで、体全体のバランスを整えることができるでしょう。

筋トレは筋肉が大きくなるデメリットがあります

ピラティスは特に女性におすすめのエクササイズです。

その理由として、アウターマッスルとインナーマッスルの特徴の違いが挙げられます。

アウターマッスルは、鍛えることで筋肉が大きくなる特徴があります。

そのため、ダイエットをしつつ筋肉質な体を目指す人にとっては筋トレが向いていると言えるでしょう。

どちらかというと男性に向いている方法です。

しかし、多くの女性はダイエットはしたいけれど筋肉質な体は目指していません。

筋肉質な体よりも、女性らしく引き締まった健康的な体を手に入れたいのであれば、インナーマッスルを鍛えるべきです。

ピラティスで鍛えられるインナーマッスルは、鍛えても筋肉が大きくなることがありません。

そのため、特に女性に人気となっているのです。

また、インナーマッスルを鍛えれば新陳代謝を上げることができます。

代謝が上がることで普段の生活の中で消費するカロリーが多くなります。

つまり、同じ生活をしていても代謝が高い方が痩せやすくなるということです。

代謝が上がることで冷えも改善されるため、冷えに悩む女性にもぴったりです。

(まとめ)ピラティスはジムに通うよりも楽にダイエットできる?

1.ピラティスはジムよりもダイエットしやすいと言われています

ピラティスは、ジムで運動をするよりもダイエットしやすいことで人気を集めています。

ピラティスはゆっくりとポーズを取るエクササイズですので、運動が苦手な人にもおすすめです。

体だけでなく心も鍛えられるのがピラティスです。

2.ピラティスが人気となっているのは続けやすさが大きな理由です

ピラティスは、ジムに通うよりも続けやすいと言われています。

ジムでダイエットをするとなると、キツイ運動は避けられません。

しかし、ピラティスは激しい動きをしないため、運動が苦手な人でも楽しく続けることができるでしょう。

3.ジムでの筋トレとピラティスでは鍛えられる筋肉が違います

ジムでの筋トレで鍛えることができるのはアウターマッスル、ピラティスで鍛えることができるのはインナーマッスルです。

多くの人はインナーマッスルが不足しているため、ピラティスで鍛えることでバランスよく筋肉をつけることができます。

4.筋トレは筋肉が大きくなるデメリットがあります

アウターマッスルは鍛えることで筋肉が大きくなるのに対し、インナーマッスルは鍛えても筋肉が大きくなりません。

そのため、筋肉質な体になりたくない女性にはインナーマッスルを鍛えられるピラティスが向いています。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。

心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。

ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る