腰痛を和らげる方法としてピラティスは効果的なの?


腰痛を和らげる方法としてピラティスが効果的だといわれています


腰痛は「急性」のものと「慢性」の二種類に大別することができ、それぞれ症状にも違いがあるといわれています。

急性の腰痛を和らげる方法は、まずは横になるなど楽な姿勢をとることが重要です。

また、急性の腰痛には炎症を伴うことがあるため、その場合は患部を冷やした方がよいと考えられます。

慢性の腰痛を和らげるには、日頃から対策を行っておくことが大切です。

例えば入浴を習慣づけるなど血行を良くしておくこと、適度な運動やストレッチ、ピラティスなどで筋肉を柔らかくすることも効果的です。

急性腰痛は激しい痛みを伴い慢性腰痛は痛みが長期続くといわれています

腰痛と一口にいっても、その原因や症状は人によって様々です。

腰痛を大きく分けると、「急性」のものと「慢性」のものがあります。

ここでは、それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

急性腰痛は激しい痛みを伴う

突然激しい痛みに襲われるのが「急性」腰痛の特徴です。

ぎっくり腰などもこの急性腰痛の一種だといわれており、重い物を持ち上げた時などに起こり得る腰痛です。

これは姿勢や動作などが腰に負担をかけ過ぎたせいだと考えられます。

また、外的接触や事故などにより腰に衝撃受けた場合も、筋肉に打撲や骨折など何らかの損傷が起こると、腰痛の症状として現れることがあります。

慢性腰痛はなかなか治らない

慢性腰痛は急性腰痛と比べると、痛み自体は激しいものではありませんが、鈍い痛みが長期にわたって続くというケースが多いといわれています。

一時的に痛みが治まることもありますが、また復活したり、また治まったりを繰り返すのが慢性腰痛の特徴です。

また、急性のものと違い、血行不良やストレスなどが原因と考えられており、場合によっては骨の異常や、内臓疾患が原因の可能性もあるため、放置しておいて治るというものではないと考えられています。

急性の場合は冷やし慢性の場合は温めることで腰痛を和らげることが可能です


急性腰痛と慢性腰痛では、腰痛を和らげる方法として違うものが挙げられます。

腰痛のタイプによって適切な対策法を選ぶ必要があるでしょう。

急性腰痛の対策法は安静にすること

急性腰痛の場合、激しい痛みを伴うため、人によっては動くことさえ困難になるでしょう。

まずは横になるなど楽な姿勢をとり、痛みが緩和するまで安静にすることが大切です。

横になる時もなるべく腰に負担がかからないよう、膝を曲げると良いです。

また、患部に炎症が見られる場合、冷水などで冷やした方が効果的だといわれています。

しばらく様子を見ても治らない場合、医師に診てもらうことをおすすめします。

慢性腰痛の対策法は血行促進

慢性腰痛の場合、腰周辺の筋肉が硬くなり血行不良を起こしている可能性があります。

ですから、急性腰痛とは反対に、温めた方が良いと言われています。

例えば毎日入浴する習慣を付けることや腰に負担がかかる姿勢を避けること、適度な運動で筋肉を柔らかくすることなどが対策法として挙げられます。

正しい姿勢を身に着け、身体の筋肉を柔らかくするという意味でも、ピラティスを行うことは非常に効果的だといえるでしょう。

腰痛の改善に効果的といわれる「フィーマー・アークス」を毎日行いましょう

急性腰痛の予防や慢性腰痛の改善にはピラティスがおすすめです。

中でも、これからご紹介するフィーマー・アークスと呼ばれるエクササイズが腰痛改善に効果的だといわれています。

  1. 足を.骨盤の幅に開いて立ちます。
  2. 右足を上げ、膝と股関節の角度が90度のところでキープします。
  3. 足を地面に着けないように、膝だけゆっくり下げます。
  4. 先ほどと同じように膝を上げ、90度でキープします。
  5. この動作を右足で5回繰り返し、今度は左足で行います。

ピラティスのエクササイズは、呼吸をゆっくりと繰り返しながら行うことも大切です。

鼻から息を吸い、鼻、もしくは口から息を吐くようにしましょう。

(まとめ)腰痛を和らげる方法としてピラティスは効果的なの?

1.腰痛を和らげる方法としてピラティスが効果的だといわれています

腰痛には大きく分けて「急性」と「慢性」の二つがあるといわれており、それぞれの症状に違いがあればその対処法にも違いがあります。

急性の場合はまずは楽な姿勢をとること、慢性の場合はピラティスなど日頃の対策で腰痛を和らげることが可能です。

2.急性腰痛は激しい痛みを伴い慢性腰痛は痛みが長期続くといわれています

ぎっくり腰などに代表される急性腰痛は、腰に大きな負担がかかった際に、突然激しい痛みと共に起こる腰痛だといわれています。

一方、慢性腰痛は、鈍い痛みが長期間続き、時間の経過だけでは治らない腰痛だと考えられています。

3.急性の場合は冷やし慢性の場合は温めることで腰痛を和らげることが可能です

急性腰痛の場合は痛みが緩和するまでは安静にし、患部を冷やすことで症状を和らげることが可能です。

慢性腰痛の場合は腰周辺の筋肉を柔らかくするため、日頃から正しい姿勢や運動を行うのが効果的です。

4.腰痛の改善に効果的といわれる「フィーマー・アークス」を毎日行いましょう

ピラティスのエクササイズの一つ、「フィーマー・アークス」は急性、慢性いずれの腰痛にも効果が期待できます。

毎日続けることで、腰痛の悩みを解消していくことが可能です。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る