basi pilatesとは

basiピラティス(Body Arts and Science International)は、1989年に Rael Isacowitz によって設立されました。 現在では南カリフォルニア、ニューポートビーチに本部を構えて、 全米各地、世界30カ国にわたる世界最大規模のピラティス専門のプログラム提供者であると同時に、業界の基準となる存在となっています。 また、プロフェッショナルのためのネットワークを 構築して、支援、生涯教育、就職の斡旋などの活動を行っています。

basiピラティス創始者 Rael Isacowitz Rael Isacowitz は 25 年にも及ぶピラティストレーニングを行い、 ピラティスの進化を牽引したピラティス業界の第一人者です。 彼の指導するピラティスは、最新の科学を重視したものであり、特に、そのスタイルの機能的な美しさは様々なピラティスのスタイルの中でも世界で No.1であるといわれています。


basiピラティスは、研究と指導分野において、30年以上の実績を持つメソッドです。basiピラティスは、ピラティス法の純粋なオリジナルの様式に、科学究的知識、長年の現役スポーツ選手としてのキャリア、ダンサー、ヨガインストラクターの経験、 各レベルで上達を目指す努力と知識など、さまざまな要素が組み入れられたユニークな手法です。

basi pilatesの特徴は
「動きに無駄を作らないFlow Work」

basiピラティスの特徴は一言で言うと、『動きに無駄を作らない Flow Work』です。
basiピラティスのメソッドには、10個の原則があります。

ゴール達成に向けてbasi pilatesが重視する10個の原則

① Awareness (気づき)

② Breathing (呼吸)

③ Balance (バランス)

④ Concentrtion (集中)

⑤ Control (コントロール)

⑥ Center (中心)

⑦ Efficiency (能率)

⑧ Flow (流れ)

⑨ Harmony (調和)

⑩ Precision (正確さ)

これらの全てが basiピラティスの特徴であり、これらが揃ってこそ、無駄のない動きをすることができ自分のゴールを達成できると考えます。

このような特徴を持つ basiピラティスのメソッドは、レッスンを受けられたお客様から以下のような高い評価を頂いております。

  • レッスンの中に途切れることのない流れがあって、気持ちよく続けることができる!
  • 今まで経験したピラティスとは違いレッスン終了後にインナーマッスルを使った感覚が残る
  • 他のエクササイズに比べて、早い時期から身体への変化が見え始める!

ピラティスの恩恵を永続させ保護に努める
basi pilatesの哲学

basiピラティスは常に芸術に、科学に、そして何よりもピラティスメソッドの考案者であるジョセフと、 クララピラティス夫妻に最大の敬意と信頼を持っています。 1989 年の発端から、basiピラティスは教育システムとしてピラティスメソッドの価値の伝道と、 専門的知識の提供に専念しています。


私達はピラティスの恩恵を永続させ、 保護できる質の高い指導者の育成に努めると同時に、生徒一人ひとりの持つ可能性を引き出し、 心身ともに健全な人生の歩みを促進します。 厳正で、要求性高くも、最終的には極めてやりがいを感じられる教育システムです。

その質の高さが認められ
世界30カ国以上、650ヶ所以上に広まる信頼のメソッド

basiピラティスのプログラムはその質の高さで非常に高い評判を得ています。 創始者のラエル・イサコウィッツは世界のピラティス界のリーダーとして、 世界中を飛び回ってワークショップで講演をして正しいピラティスの普及に貢献しております。 また世界のピラティス教育の規格統一団体である PMA(Pilates Method Alliance)においても理事として、 世界のピラティスの質の維持に努めています。
それらの活動とともに、basiピラティスのピラティスインストラクター養成コースは世界中でその質の高さが認められて、 現在では世界 30 カ国以上、650 以上のロケーションで開催されているようになり、 その地域は毎年増え続けており、多くの BASI 資格保持者は世界中で活躍するようになっております。

体験レッスンはこちらから