ピラティスによって柔軟性を高められるの?

ピラティスを行うことで、柔軟性を高める効果が期待できます


ピラティスメソッドの大きな特徴の一つは、筋肉の深層部分を鍛えることによって、体の柔軟性を向上させることができるとされている事です。

通常のエクササイズでは鍛えにくいところも、ピラティスによって細かく意識しながら鍛得ることができると言われています。

特に尾てい骨から頭蓋骨までを貫く脊椎周辺の筋肉と、骨盤周辺の筋肉の柔軟性を向上させることは、その運動能力だけでなく、体調そのものを整えるためにも有効とされています。

この体の中心を走るラインとなる筋肉の筋力や柔軟性が増すと、美しい姿勢を維持する事ができます。

日頃の生活の何気ない所作にも、ピラティスによって鍛えられた柔軟な筋肉は若さを維持し、美しい所作を身につける上で非常に重要なものとして認知されています。

ピラティスによって柔らかい背中を維持する

ピラティスは継続する事によって単なる筋力アップにとどまらず、その後の生活スタイルや健康にも大きな影響を及ぼすエクササイズとして親しまれています。

特にエクササイズとして注目されているものの一つに、背中の筋肉の強化があげられます。

そして背中の筋肉はコアマッスルという、深層部の筋肉も関係しており、背中のしなやかな筋肉は、美しい所作を身につける上で不可欠なものとされています。

このように、ピラティスは背骨の周りの筋肉を鍛え、柔らかくする事によって、しなやかな背中の動きを身につけることができるように考案されています。

そしてしなやかな背中の動きは若さの特徴とも言われますので、アンチエイジングの分野でも注目されているのです。

同時に背中の筋力の柔軟性が増すことによって、骨盤周辺の筋肉も緩ませる事が出来、腰痛の改善や予防にも寄与します。

とりわけ、その方法も体に負担を強いることなく、寝ながらでも行えるものが多く、高齢の方であっても筋力を維持し、さらに状態を良くしていける方法として知られています。

筋肉を意識してコントロールする

IMG_4313
ピラティスの大きな特徴として、全体の大きな筋肉を意識するというよりも、一つ一つの小さな筋肉を意識しながら動かしていき、細かい筋肉を鍛えるという事があげられます。

創始者であるジョセフ・ピラティスは、自身のこのメソッドについて「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールする学問」と定義したように、まさに自分自身の身体の各部を細かく意識しながらエクササイズができるように定義されているのです。

筋肉の柔軟性が増すことは、リハビリの分野でも大きな貢献となります。

筋肉が硬く緊張しているがゆえに慢性的に続く痛みや、固くクッション性のない筋肉のために衝撃を緩和する事ができず怪我の要因ともなる事も避けられます。

柔軟性のある筋肉を作ると同時に、正しい運動パターンを体に覚え込ませることができるともされており、日常の様々なシーンにおいて無意識に体への負担を軽くする生活スタイルを構築する事ができることで知られていることから、長く継続して行う人は少なくありません。

ピラティスの基本は骨盤の動き

ピラティスで行うほとんどのエクササイズは、背骨や骨盤の動きに焦点を当てています。

背骨や骨盤は、体の中心を構成する重要な部位です。

この要とも言える部分の筋肉の柔軟性は、怪我などのリハビリにはもちろん、健康を維持する上でも重要と認識されています。

骨盤を常に安定させて動かす事によって、骨盤の歪みや姿勢が矯正され内臓も正しい位置に調整されるため、筋肉面だけでなく、内臓の機能の改善にも役立っていると考えられています。

最近ではピラティスの専用の機器もあり、それぞれのニーズに合う負荷で体に無理なくエクササイズができるよう技術の進歩も見られます。

また、筋肉の柔軟性を高める上で精神面でのリラックスも重要な要素とされており、ピラティスは独自の呼吸法でヨガのような開放感を味わうこともできるとされています。

体の緊張がほぐれることで、リラックスした状態で体をほぐす事が出来、体全体のエクササイズをするための土台ともなるのです。

(まとめ)ピラティスによって柔軟性を高められるの?

1.ピラティスを行うことで、柔軟性を高める効果が期待できます

ピラティスは筋肉の深層部であるコアマッスルを中心に、体の各部の細かい筋肉の柔軟性を向上させることができます。

それによって体全体のバランスが保たれ、アンチエイジングにも役立ちます。

2.ピラティスによって柔らかい背中を維持する

しなやかな柔軟性をもつ筋肉を作る上でピラティスの役割は注目されています。

とりわけ、背中の筋肉は背骨付近のコアマッスルとの兼ね合いも重要で、深層部から柔らかくすることでしなやかな動きにつなげることができます

3.筋肉を意識してコントロールする
ピラティスは筋肉の細かい動きのも意識したエクササイズ方法です。

考案者であるジョセフ・ピラティスの意向通り、各部を細かくコントロールできるように考案されたこのエクササイズは様々な分野で活躍しています。

4.ピラティスの基本は骨盤の動き

骨盤は体の要とも言える重要な部分です。

骨盤がずれてしまうと、腰痛や内臓の疾患の原因になるとも言われています。

骨盤の動きに焦点を合わせて考案されたピラティスは、健康の土台を作るエクササイズとしても注目されています。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る