ピラティスの呼吸の効果とは?


ピラティスの呼吸は代謝と骨格に効果があります

Fotolia_63835471_Subscription_Monthly_M
ピラティスの呼吸法は、エクササイズに大変重要なものであり、それ自体に大きな効果が期待できます。

内臓機能や体の組織を活性化する働きを持っており、呼吸だけでも良い影響を与えます。

ピラティスの呼吸は胸式呼吸であり、交感神経を活発にして心身をリフレッシュするために用いられます。

体に酸素を十分に取り込むことで頭をすっきりとさせて、エクササイズの作用を高めると言われています。

呼吸をするたびに胸の空間を押し広げるため、その周りの骨や筋肉を動かして、柔軟にします。

また、酸素が隅々に行き渡り、新陳代謝を活性化させる効果も期待できます。

これは日常生活で使うこともできるので、手軽なリフレッシュとして取り入れると良いでしょう。

体の機能に総合的に働きかけるためには、正しい呼吸の仕方で行うことが必要です。

ピラティスの呼吸の効果は交感神経に

ピラティスのエクササイズでは交感神経を高めるために胸式呼吸を使用しています。

この呼吸はピラティスの基礎とも言うべきものであり、エクササイズの効果を高めるために重要な役割と言われています。

ピラティスでは動きのあるエクササイズを行うため、体の働きを活性化することが求められます。

そのため、胸式呼吸によって体を目覚めさせることが大切なのです。

胸式呼吸は腹式呼吸とは違い、お腹を膨らませる呼吸をしません。

腹式呼吸ではお腹を膨らませて呼吸をすることで、リラックスする効果があると言われています。

リラックスすることも体のリフレッシュには欠かせませんが、ピラティスのエクササイズでは胸式呼吸で交感神経を働かせることで心身をすっきりとさせることを目的としています。

ピラティスのエクササイズを行ったあとに清々しい爽快感を得られるのはそのためです。

気分をすっきりとさせることで、体を元気にして心をリフレッシュさせます。

ピラティスの呼吸の効果は体の機能アップに

DSC07015
ピラティスの胸式呼吸では、心肺機能の向上と体の筋肉や骨格を正すことを重視しています。

胸式呼吸は、横隔膜を大きく広げて肋骨の中の空間を大きくすることができます。

それによって、心臓や肺を広々とした空間に置くことができ、その広い空間の中で心臓はポンプ機能をアップさせて、肺は十分に酸素を吸い込めるようになります。

肺で酸素を増やし、それを送る機能である心臓がよく働くようになり、酸素は血流に乗って体の隅々まで届けられます。

酸素が行き渡った体は細胞の働きも改善されて新陳代謝が高くなります。

ピラティスの呼吸によって体が元気になるのはこうした作用が関係しています。

さらにピラティスの胸式呼吸では、横隔膜とその周辺にある筋肉がダイナミックに伸縮を繰り返すことになります。

それによってそこにある背骨も伸縮を繰り返し、骨と骨の隙間が柔軟になると言われています。

骨同士が詰まった体は動かすことで痛みを起こしたり、柔らかい動きができなくなったりするものです。

それを柔軟にすることで、痛みを軽減して柔軟な動きによって正しい姿勢へと導くことが楽になります。

また、胸式呼吸による刺激は体の深い部分にある筋肉、コアマッスルを鍛えることができ、体幹を強くして姿勢を支える力を得ることができるでしょう。

ピラティスの効果を骨格に生かすための呼吸法

ピラティスのエクササイズを行うにあたって、十分な内臓や骨格、筋肉への効果を得るためには正しい呼吸法が欠かせません。

ピラティスのエクササイズは、ただ単に体を動かすだけでは十分な効果は現れないと言われます。

呼吸法を正しく覚えて、毎回のエクササイズで実践することが大切です。

また、毎日の生活の中でピラティスの呼吸を行うことで、心身をリフレッシュさせることもできそうです。

生活にピラティスの呼吸法を取り入れて、生き生きとした毎日を送りましょう。

ピラティスの呼吸法の基本

ピラティスの呼吸法には、正しい姿勢も必要です。

骨盤の上に背骨を乗せて頭の先を引っ張られるような姿勢をとります。

また、肩は自然に落として、呼吸のたびに上がらないように注意しましょう。

ピラティスの呼吸

ピラティスの呼吸は胸式呼吸です。

お腹を膨らませないように、肋骨の下あたりに手を添えて確認しながら行うとよいでしょう。

正しい姿勢のまま、胸と背中にかけて膨らませるように鼻から息を吸います。

息を吐くときは、吸った時の倍の時間をかけて行います。

ゆっくりと口から少しずつ吐き出していきましょう。

(まとめ)ピラティスの呼吸の効果とは?

1.ピラティスの呼吸は代謝と骨格に効果が

ピラティスの呼吸は胸式呼吸で、心身をリフレッシュする効果が期待できます。

エクササイズの中用いることでその作用を高めてくれるでしょう。

また、日常生活の中で行うことも効果的です。

2.ピラティスの呼吸の効果は交感神経に

ピラティスの胸式呼吸は体を活性化させて心身に爽快感を与えてリフレッシュさせます。

腹式呼吸のリラックス効果とは別のアプローチでリフレッシュさせつつ、エクササイズしやすい状態に整えることが目的です。

3.ピラティスの呼吸の効果は体の機能アップに

ピラティスの胸式呼吸では、酸素を肺に十分に送り込み、それを心臓のポンプ機能によって体のすみずみまで届けます。

さらに横隔膜と筋肉の動きによって骨格を柔軟に整える効果が期待できます。

4.ピラティスの効果を骨格に生かすための呼吸法

ピラティスの呼吸法は、エクササイズの時だけでなく、毎日の生活の中で使うこともできます。

心身のリフレッシュが必要な時に使ってみましょう。

鼻から吸い口から出す緩やかな呼吸で、お腹を膨らませないことがポイントです。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る