ピラティスは腹筋を鍛える効果もあるの?

ピラティスは腹筋を鍛える効果があるとされています

measuring waist
ピラティスのエクササイズは短時間でも腹筋を鍛えるのに効果があると言われています。

ピラティスの効果は広く認知されていますが、とりわけ鍛えにくい下腹の筋肉を鍛えることで、美しいボディラインを維持されている方は多くいます。

ピラティスのエクササイズは、最初にやり方を覚えてしまえば短時間でも手軽に行えるものが多く、効果も実証されています。

健康面や加齢により激しい運動ができないという方も、手軽に行う事ができますし、負荷のかけ方によって、スポーツマンのトレーニングとしても様子されるくらい幅広く浸透しています。

少しお腹がたるんできたなと感じた時に、負担なく始める事ができるので、ぜひその方法をマスターしておく事をお勧めします。

ピラティスには長い歴史があります

ピラティスとは、もともとは負傷兵のリハビリのために戦時中に発展してきたエクササイズです。

いち早く回復し復帰することを望むものの、怪我そのものの回復を待ってからでは全体的に筋力が落ちていて、完全に元に戻すまでには多くの時間と労力を要しました。

そのため、開発者であるピラティス氏は、怪我が治りきらない状況の中でも体に過度な負担をかけることなく鍛える事の出来るエクササイズとしてピラティスを考案、発展させてきました。

その効果は当時から高く評価されており、ピラティスエクササイズによって安静にしている期間でも傷んでいない筋力の維持を可能にしました。

また、体全体の機能の向上にも役立つとされており、怪我そのものの回復も早まった例が多数あります。

そのため、現代においても医療の現場でピラティスは広く用いられており、早期の回復を可能にするリハビリメニューとしていっそう注目を浴びています。

ピラティスは手軽に腹筋を鍛えやすいです

有酸素運動と無酸素運動
ピラティスのエクササイズは骨盤を中心に考案されています。

骨盤付近のインナーマッスルを刺激し、体の内側から筋力を強化していくという考え方です。

腹筋を鍛えることにも定評があり、動作も簡単な事から、少しお腹がたるんできたと感じた時にすぐに始める事の出来るエクササイズとして評判を得ています。

方法は非常に簡単で、まずは背筋を伸ばして両足を肩幅よりも少し大きく開きます。

その状態で両手を広げ、息を吸いながらウエストをねじります。

左にねじりながら、右手の指先を左の足先に触れるように体を倒します。

この時には息を吐くようにしましょう。

指先までついたら、今度はゆっくりと息を吸いながら上半身を起こし、腹筋を意識してお腹を引っ込めます。

そして息を吐きながら最初の状態に戻します。

動作はこれだけです。

この簡単な動作を左右5回も行えば、腹筋にかなりの負荷がかかり、シェイプアップに高い効果を生むと言われているのです。

これなら、少し気になった時にすぐに座って始めることもできますし、毎日のお風呂上りなどの日課として習慣にする事で体形の維持にも貢献するでしょう。

呼吸法も重要となります

ピラティスのエクササイズは簡単で覚えやすいものですが、必ず呼吸が関係してきます。

実はピラティスの呼吸法はとても重要で、全てのエクササイズの基本とも言えます。

その呼吸法とは、胸式呼吸というものです。

動作が似ていて混同されがちなヨガは腹式呼吸を基本としますので、呼吸法の点でヨガとピラティスは全く異なるエクササイズとして区別できます。

胸式呼吸とは、鼻で息を大きく吸い込み、口から吐きだすという呼吸法です。

ポイントは吸いこんだ空気が肺にたまるよう、ろっ骨を意識する事です。

ろっ骨が大きく膨らむのを確認したら、今度は体の中心にろっ骨が集まるようなイメージで息を吐き出します。

この一連の呼吸が、胸式呼吸という呼吸法です。

この呼吸法そのものが、実はインナーマッスルに刺激を与えるとして注目されています。

この呼吸法と合わせながら、簡単なエクササイズを行えばより効果が期待できるでしょう。

(まとめ)ピラティスは腹筋を鍛える効果もあるの?

1.ピラティスは腹筋を鍛える効果があるとされています

ピラティスはさまざまな効果を期待できるエクササイズとして注目されています。

腹筋を鍛えることはもちろん、体全体の筋力アップにも貢献するという事で、近年はリハビリの現場でも浸透しています。

2.ピラティスには長い歴史があります

ピラティスの優れているところの一つは、エクササイズを人に応じてかなりの程度調整できるという点です。

その歴史は戦時中のリハビリから始まりました。

そのため、各自の体力や体の状態に合わせて行う事ができるのです。

3.ピラティスは手軽に腹筋を鍛えやすいです

ピラティスの腹筋を鍛えるエクササイズの方法はいたってシンプルです。

しかし、シンプルな中にもピラティスの特徴が凝縮されており、その効果を実感されている方は多くいます。

4.呼吸法も重要となります

ピラティスのエクササイズの特徴はシンプルな動きだけではありません。

胸式呼吸という呼吸法を忘れてはなりません。

この呼吸法をマスターするだけでもより効果を高められます。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る