ランニングとピラティスでダイエット効果が高まる?


ピラティスを行うことでランニングのダイエット効果が高まります


ピラティスはランニングのダイエット効果を高めると言われています。

ピラティスにはダイエット効果、体質改善効果、筋力アップなどが期待できます。

更にストレスの軽減や自律神経を整えるなど精神面でも良い影響があります。

このような効果から、若い女性を中心に人気となっています。

そんなピラティスが、ランニングをしている人の間で話題になっています。

その理由がランニングのダイエット効果を高めることにあります。

ランニングを習慣としている人は、ぜひピラティスにも挑戦してみましょう。

ピラティスを行うことで、ランニングのタイムを縮めることもできると言われています。

ピラティスはランニングのための体作りに適しています

ランニングはダイエット効果が高い有酸素運動として知られています。

有酸素運動を行うことで、体内にある脂肪や糖質がエネルギー源として使用されます。

その結果脂肪が燃焼され、ダイエット効果が得られます。

そんなランニングのダイエット効果をより高めることで注目されているのがピラティスです。

ピラティスは日本でもブームになりつつあるエクササイズで、特に若い女性から人気を集めています。

ピラティスはインナーマッスルを鍛えることから、基礎代謝を上げる効果が期待できます。

ピラティスがランニングのダイエット効果を高めるのは、この基礎代謝が関係しています。

代謝が上がれば、その分運動した際のカロリー消費量も多くなります。

代謝が良い人と代謝が悪い人では同じ運動をしても効果には差が出ると言えるでしょう。

また、ピラティスを行うことで体幹が鍛えられ、ランニングに様々な良い効果をもたらします。

具体的には、姿勢が良くなる、疲れにくくなるなどです。

ランニングでよりダイエット効果を得たいのであれば、ピラティスにも挑戦してみましょう。

どちらも継続することで効果が実感できます


ランニングにもピラティスにも共通して言えるのが、継続の大切さです。

ランニングは脂肪燃焼効果があるとはいえ、ダイエット効果を得るには継続して行う必要があります。

ダイエット目的で行うのであれば、走ることを習慣にして長く続けることをおすすめします。

ランニングは運動の中でもダイエット効果が高いと言われています。

これはカロリー消費量が多いためです。

しかし、このようなメリットがある反面、継続しにくいというデメリットもあります。

もともと走ることが好きな人であればランニングを楽しめるかもしれませんが、体を動かすことが苦手な人にとって継続してランニングを行うことは簡単なことではありません。

ランニングを継続して行うためにも、ピラティスが良いと言われています。

その理由は、ピラティスのストレス解消効果です。

ピラティスでは胸式呼吸を行います。

胸式呼吸は深く息を吸うことができるため、リラックス効果が期待できます。

この効果によって、ストレスを発散しながらランニングを継続することができるでしょう。

より効果を高めるためには午前中に行いましょう

ランニングやピラティスをより効率行うためには、時間帯も重要なポイントとなります。

これらを行うのに適しているのは、午前中と言われています。

特にランニングは、午前中といっても朝が効果的です。

その理由は、1日のエネルギー消費量を上げる効果があるためです。

朝にランニングを行うことで血液の流れが良くなり、その日1日代謝が高い状態で過ごせます。

また、ピラティスが午前中に良いとされる理由は、排泄のリズムにあります。

ピラティスは体に溜まった未消化物を排出することを前提としているため、午前中に行うことでよりピラティスの効果が高まると言われています。

ただし、ピラティスを行う場合は食事の前後1時間を避けることが大切です。

特に食後は胃が活発に消化を行っているため、それを妨げてしまう恐れがあります。

また、血液の循環が悪くなっていることから効果も減少してしまいます。

このように、ランニングにおいてもピラティスにおいても、時間帯に注意することでよりダイエット効果を高めることができます。

(まとめ)ランニングとピラティスでダイエット効果が高まる?

1.ピラティスを行うことでランニングのダイエット効果が高まります

ピラティスはランニングをしている人におすすめです。

その理由は、ピラティスを行うことによってランニングのダイエット効果を高める効果が期待できるからです。

この効果により、効率的にダイエットができるでしょう。

2.ピラティスはランニングのための体作りに適しています

ピラティスはインナーマッスルを鍛え、基礎代謝を上げる効果があると言われています。

基礎代謝が上がることでランニングによるカロリー消費量を増やすことができるでしょう。

3.どちらも継続することで効果が実感できます

ランニングやピラティスは、継続することで本来の効果を得ることができます。

しかし、ランニングは継続が難しい運動とも言えます。

そのため、ストレスを軽減する効果のあるピラティスと同時に行うことで継続しやすくなります。

4.より効果を高めるためには午前中に行いましょう

ランニングもピラティスも、効果を高めるためには午前中に行うのが適しています。

また、食事の前後1時間は効果が薄れることから避けるべきです。

ダイエット効果を上げるために時間帯にも注意しましょう。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。

心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。

ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る