ピラティスには効果的に腹筋を鍛えるやり方があるの?


ピラティスは正しい呼吸のやり方に則って取り組むことで腹筋が鍛えられます


ピラティスには独特の呼吸法が存在しています。

この呼吸法を取り入れることで腹筋を効果的に鍛えることが出来るのです。

ピラティス式呼吸法を取り入れると効率よく筋肉をつけていくことが出来ます。

女性は特に腹筋に筋肉がないのでお腹がポッコリと出てしまいがちです。

筋肉がないとスタイルが悪く見えてしまいますし、寸胴に見えてしまいます。

呼吸法を取り入れるだけなので体に負担を感じることもありませんし、空いた時間にすることもできるでしょう。

ポッコリお腹を鍛えて腹筋を付けて、すっきりと引き締まったお腹にしていきましょう。

胸式ピラティス式呼吸法ですっきりお腹になりましょう

ピラティス式の呼吸法は胸式になります。

肋骨や肩甲骨を意識しながら行う呼吸法なので姿勢が悪い人は姿勢が正されていくでしょう。

正しい呼吸法を取り入れて行っていくと、背筋や腹筋のインナーマッスル強化することが出来るので、腹筋も自然に鍛えられていくと考えられているのです。

胸式ピラティス呼吸法のやり方

両手を軽く肋骨に添え、おへそと背中を引き寄せ背筋をしっかりと伸ばします。

両手をわきに沿わせて胸の広がりを確認しながら、胸が大きく広がるよう息を吸いましょう。

ろうそくの炎を吹き消すようなイメージで、口から息を吐き出します。

胸の中にある風船を膨らませるようにイメージしながら呼吸を繰り返し行いましょう。

呼吸法になれたら脇に添えた手は膝の上に置いていてもかまいません。

ポッコリお腹を直して腹筋の筋肉をつけたい人にもお勧めですが、姿勢を正しくする効果もあるので猫背で困っている人にはお勧めできます。

呼吸法を取り入れるとすっきりするので、気分転換にもいいでしょう。

ピラティス呼吸法の注意点を押さえましょう


呼吸法を行うときには、息をしっかり吐き切りましょう。

お腹をへこませた状態をキープしながら始めます。

鼻から大きく息を吸ったら、すぐに息を吐き出してはいけません。

吸うときの倍の時間をかけてゆっくり口から吐くように行いましょう。

ゆっくりと危機をはききることで腹筋の力を使うので効率よく鍛えられるのです。

息を吐くときは、体をリラックスして吐き切ります。

身体に力を入れると力んでしまい、すべての息を吐き出すことが出来なくなってしまいます。

ゆっくりと息を吐き出しながら息を止めないようにしましょう。

呼吸法をするときの姿勢は顎はひき、背筋は伸ばします。

力むと体に余計な力が入ってしまうので、体の力を抜くことを考えましょう。

特に力が入ると肩が上がってしまうので、呼吸時に肩が上がらないようにしましょう。

呼吸法を行うときには体の調子が良い時に行い、空腹時や満腹時は避けた方がいいです。

ピラティスは美しいからだと姿勢を作ってくれます

ピラティスの呼吸法を取り入れると腹筋が引き締まるだけでなく姿勢も正しくなるので美しい体作りが出来るでしょう。

ただの呼吸法と馬鹿にしてはいけません。

簡単なようですが正しい呼吸法を行うと想像以上に大変なことがわかります。

実際に呼吸法を行ってみるとかなり腹筋を使っているのがわかるので、呼吸法を行うだけでインナーマッスルが鍛えられ、筋肉がついていくのも、わかるのではないでしょうか。

呼吸法を毎日コツコツと取り入れることで体が変化していくでしょう。

日常生活ではあまり使うことのないインナーマッスルを効率よく動かして鍛えることが出来るピラティスの呼吸法は激しい運動やつらい運動が苦手な人にも向いています。

ピラティス効果を最大限活かすためには、一に正しい姿勢です。

正確な姿勢で呼吸法を行いながらエクササイズをしていくと、自然に美しい体になっていくでしょう。

そのためには、正しい姿勢と正しい呼吸法はしっかりとマスターしましょう。

(まとめ)ピラティスには効果的に腹筋を鍛えるやり方があるの?

1.ピラティスは正しい呼吸のやり方に則って取り組むことで腹筋が鍛えられます

ピラティスの独自の呼吸法を取り入れると効率よく腹筋を鍛えていくことが出来ます。

筋肉がなくポッコリと出てしまったお腹もピラティスの呼吸法を取り入れるだけで簡単に腹筋がついていくでしょう。

2.胸式ピラティス式呼吸法ですっきりお腹になりましょう

ピラティスの呼吸法は胸式です。

肋骨や肩甲骨を意識しながら胸を膨らませ、背筋や腹筋のインナーマッスルを強化していきます。

体幹を強化することにつながるので姿勢の悪さも改善されます。

3.ピラティス呼吸法の注意点を押さえましょう

ピラティスの呼吸法を行うときには体をリラックスして行いましょう。

肩に力が入ると息をきちんと吐きだすことが出来なくなってしまいます。

体の力を抜いてゆっくりと呼吸をしましょう。

4.ピラティスは美しいからだと姿勢を作ってくれます

ピラティス効果を最大限活かすためにはただし姿勢で正しい呼吸法を行うことです。

ピラティスの呼吸法を正しい姿勢で行っていけば自然に美しい体を手に入れることが出来ます。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。

心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。

ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る