ピラティスで腹筋が筋肉痛になることがある?


ピラティスで腹筋に負荷をかけると筋肉痛が起こることがあります


ピラティスのエクササイズを行うと腹筋が筋肉痛になりますが、これは効果的に腹筋が鍛えられ筋肉に負荷がかかって鍛えられている証拠なので、心配はいりません。

ピラティスのエクササイズは見た目ではそれほどきつく思えませんが、実際行ってみると筋肉への負荷を強く感じるでしょう。

そのために、ピラティスを行えば効率よく腹筋を鍛えることが出来るのです。

筋肉痛が出なければ毎日でも行えばいいのですが、筋肉痛が出る場合には、自分の体調や状況に応じてピラティスの回数を考えましょう。

ピラティスで筋肉痛になる原因はいくつかあります

ピラティスで筋肉痛になってしまうのはエクササイズの動きによって筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まることが一つの原因として考えられます。

普段動かすことがなかった筋肉が傷ついて炎症を起こすことでも筋肉痛は発生するので、効果的なエクササイズが出来ているので筋肉痛になっているのです。

ピラティスではインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

このインナーマッスルは普段使わない筋肉なので、少しのエクササイズで筋肉痛が引き起こされます。

特に初心者の場合にはピラティス後に筋肉痛に苦しめられる場合もあるでしょう。

日常生活にも支障が出るほど筋肉痛が出てしまうにはよっぽど体のインナーマッスルが弱っていたと考えられますが、生活に支障をきたし動くのもやっとの思いでスト、二度とエクササイズをしたくなくなってしまうかも知れません。

あまりに筋肉痛がひどい場合には、エクササイズを見直せばいいでしょう。

筋肉痛が起こらないケースもあります


ピラティスは見た目以上にインナーマッスルを効率よく鍛えられるので、初心者は筋肉痛を引き起こすことが多いです。

しかし、なかには筋肉痛を引き起こさない人もいます。

初めてピラティスをした人でも、日ごろ筋トレをしている人であれば筋肉痛が起きないことがあるのです。

筋肉痛がないからといっても、インナーマッスルに全く効果がないということはありません。

スポーツ選手などは普段から体を鍛えているのでピラティスを急に初めても筋肉痛を引き起こすことはありません。

普段から体感が鍛えられているからです。

ピラティスは体の自由がきかない人でも効果的に筋力アップが図れ、体を鍛えられるようにと考案されたエクササイズです。

筋肉痛にならなくても効果的に体は鍛えられているのです。

せっかくエクササイズをしたのだから少しは筋肉痛になりたいという人は、エクササイズの時間や量を調整するといいでしょう。

ピラティスは毎日する必要はありません

ピラティスのエクササイズを行って筋肉痛になったらその後2~2日は筋肉痛が続くでしょう。

筋肉痛がひどい間はピラティスのエクササイズを無理に行うことはありません。

筋肉痛は、筋肉の繊維がエクササイズによって破壊されている状態です。

体に大きな負担がかかっているので、筋肉痛になっているのです。

無理をしてピラティスを行うと筋肉の炎症がひどくなるのでなかなか筋肉痛が治らなくなってしまいます。

特にピラティスを始めたばかりのことは筋肉痛を強く感じるので、筋肉痛が激しい時にはしっかりと休息をとりましょう。

2~3日程度休んでも問題はありません。

エクササイズの回数を重ねていくにつれて筋肉痛が出にくくなります。

また、エクササイズを行った後にはクールダウンをすることで筋肉痛を軽減することが出来ます。

使った筋肉をほぐしてあげ、深い呼吸をします。

継続してピラティスを楽しむためにも適度な休息を行いながらエクササイズをしていきましょう。

(まとめ)ピラティスで腹筋が筋肉痛になることがある?

1.ピラティスで腹筋に負荷をかけると筋肉痛が起こることがあります

ピラティスのエクササイズを行うと腹筋が筋肉痛を感じます。

これは効率よく筋肉が鍛えられている証拠ですから、筋肉痛になったからと言って心配することはありませんし、ピラティスをやめる必要もありません。

2.ピラティスで筋肉痛になる原因はいくつかあります

ピラティスでは普段鍛えることのないインナーマッスルを効率よく鍛えることが出来るので筋肉痛を感じます。

あまりに筋肉痛がひどい場合にはエクササイズの方法を変えてみるといいでしょう。

3.筋肉痛が起こらないケースもあります

ピラティスで筋肉痛がなくても心配はいりません。

エクササイズをすることでちゃんとインナーマッスルは鍛えられているのです。

筋肉痛にならなく、もっと体を鍛えたいと思うのであれば時間や量を調整しましょう。

4.ピラティスは毎日する必要はありません

ピラティスを毎日行ってすっきりとした体を目指していきたいと思うかもしれませんが、継続することに意味があるので、筋肉痛がひどい時には休息をとりましょう。

エクササイズの後に筋肉をほぐすと筋肉痛が軽減されます。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。

心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。

ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る