ピラティスの呼吸法は腹筋が鍛えられるって本当?


ピラティスの呼吸法はお腹をへこませて行うので効率よく腹筋を鍛えられます


ピラティスの呼吸法はお腹をへこませながら胸で呼吸をするので、インナーマッスルを鍛えることが出来ます。

普通に呼吸をすると胸やお腹が膨らみますが、ピラティスの呼吸法ではお腹が膨らまないように力を入れながら呼吸を行います。

呼吸法を正しく行うことで、お腹の筋肉に集中するので、筋肉が付きやすくなると言われています。

腹筋を鍛えるのにも適しているのです。

ピラティス呼吸法にはコツがあります

ピラティスの呼吸法は普通の呼吸とは異なります。

普通の呼吸ではお腹や胸が膨らみながら呼吸をしますが、ピラティスの胸式呼吸法はではお腹を膨らませないように注意します。

胸式の呼吸法は呼吸を浅く行うので、体にはあまりよくないのではないかと思っている人もいるかもしれません。

しかし、胸式呼吸をすることで交感神経が働き、関節や筋肉が動きやすくなるのでインナーマッスルが効果的に鍛えられると言われているのです。

ピラティスの胸式呼吸は初心者には難しいですが、慣れると簡単ですし、効率よく体を鍛えられるのでしっかりとマスターしていきましょう。

ピラティスの呼吸法はラジオ体操の深呼吸を思い出せばなんとなくイメージが出来ると思います。

胸を開き、首と背筋をまっすぐに伸ばして大きく空気を吸っていきましょう。

両手で肋骨を触りながら上下左右に動くのを感じながら呼吸を行います。

それと同時にお腹が膨らまないようにすれば完璧です。

この呼吸法を行うだけでも背筋がしゃんと伸びるので姿勢が正しくなれるでしょう。

ピラティスの呼吸を行うといろいろなメリットがあります


ピラティスは呼吸法を取り入れるだけでもいろいろなメリットを感じることが出来ます。

呼吸法を行うだけで交感神経を活発にするので体全体が活性化します。

リフレッシュしたいときにも呼吸法を行えば気分転換になり、やる気もわいてくるでしょう。

胸が広がり、肋骨の動きが良くなるので腕や肩の動きも滑らかになりますし、可動域が広がります。

肩こりの人は肩こり改善になるでしょう。

肺の機能も上げることが出来きます。

加齢とともに肺の機能は次第に低下していきます。

その結果肌のくすみなどが表れてくるのですが、呼吸法を行うことではいの機能がアップすれば肌のくすみも改善されていくでしょう。

さらにお腹を膨らまさずに呼吸を行うのでインナーマッスルを鍛えることが出来、腹筋の力もつきます。

ポッコリ出たお腹もすっきりとしたお腹になるでしょう。

練習を重ねればうまくいくようになります

初心者にはピラティスの呼吸法はかなり難しく感じます。

ピラティスの呼吸法は独特ですからいろいろと注意しなければならない点が多くあります。

面倒だと感じるかもしれませんが、この呼吸法をマスターすることでインナーマッスルを効果的に鍛えられるだけでなくいろいろなメリットもありますからしっかりと正しい呼吸法を身につけましょう。

ピラティスの呼吸法を正しく行おうと意識するあまり浅い呼吸になってしまうと体の隅々にまで酸素がいきわたらなくなってしまうので注意してください。

まずは、仰向けに寝ましょう。

仰向けに寝て行ったほうが呼吸法をマスターしやすいのです。

脚は腰の幅に開き、膝を立て、息を吸って吐きます。

息を吐くときはお腹を縮めすぎないように、さらに背中を丸めないように注意しましょう。

腹筋をしっかりと使って呼吸法を行うのです。

ピラティスを行っているのに効果がないというときには呼吸法が間違っている可能性があります。

今一度呼吸法が正しいかどうかを見直してみるといいでしょう。

(まとめ)ピラティスの呼吸法は腹筋が鍛えられるって本当?

1.ピラティスの呼吸法はお腹をへこませて行うので効率よく腹筋を鍛えられます

ピラティスの呼吸法は普通の呼吸と異なり、お腹を膨らませることはなく、お腹をへこませながら行います。

そのため、呼吸法を行うだけで腹筋を効率よく鍛えることが出来るのです。

2.ピラティス呼吸法にはコツがあります

普通の呼吸法は胸やお腹が膨らみますが、ピラティスの呼吸法はお腹が膨らまないように注意しましょう。

ラジオ体操の時の深呼吸をイメージしながらお腹を膨らまないようにすれば容易にできるでしょう。

3.ピラティスの呼吸を行うといろいろなメリットがあります

ピラティスの呼吸法はいろいろなメリットがあります。

肩こり改善、肺機能のアップ、腹筋が付く、体がすっきりする、体全体が活性化しリフレッシュできるなど、いいこと尽くしです。

呼吸法を日常生活に取り入れていきましょう。

4.練習を重ねればうまくいくようになります

ピラティスの呼吸法は初心者には難しいので、仰向けに寝た状態で練習をはじめましょう。

腹筋を使って息を吐いたり吸ったりしていきます。

ピラティスの効果が薄い場合には呼吸法が間違っている可能性があるので、見直してみるといいでしょう。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。

心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。

ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。
basiピラティスを体験する

詳しくはこちら

ピラティススタジオのQ&Aはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る