ピラティスが内臓機能や自律神経に及ぼす影響とは?

ピラティスは内臓機能や自律神経の働きを整えるのに効果的です


自律神経の乱れは誰にでも起こりうると言われています。体質や性格、生活のリズム、ストレスなどさまざまな原因で自律神経の乱れが起こると考えられているのです。

乱れることで、更年期障害や内臓機能低下、過換気症状群、めまいなど多くの症状や病気を発症する恐れがあります。酷くなる前に、自律神経を整えることが大切になるのです。

自律神経の乱れによって、身体に悪影響を及ぼします

自律神経の乱れは、誰にでも起こる可能性があります。多くの原因で自律神経は乱れる可能性があるからです。

体質

生まれ持った体質によって、自律神経が乱れやすいタイプの人がいます。

性格

性格によって、自律神経に影響を与えることがあるのです。たとえば神経質や完璧主義者などの性格の人は乱れやすい傾向にあると言われています。

生活のリズム

生活のリズムが乱れていると、疲れやすくなります。また食生活も崩れやすくなるため、自律神経の乱れを起こす可能性が考えられるでしょう。

ストレス

長時間の冷房使用などの身体的ストレスや仕事の緊張などによる精神的ストレスも関係しています。

これらの原因によって自律神経が乱れてしまうと、身体に悪影響を及ぼすと考えられています。また、以下の病気や症状を招きやすいと言われているのです。

・めまい

・メニエール病

・過換気症候群

・更年期障害

・内臓機能低下

・過敏性腸症候群

・不眠

・うつ病

症状を悪化させないために、症状が軽い時に自律神経を整えることが大切と言われています。

交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大切です


自律神経は交感神経と副交感神経があります。交感神経とは「動く神経」とも呼ばれ、緊張や動く時に働く神経です。副交感神経は「休む神経」であり、交感神経とは反対にリラックスや睡眠、内臓を動かすなどの役割があります。

この2つの神経を切り替えることで、身体の安定を保つことに繋がります。自律神経は私たちの意志で操作できず、交感神経と副交感神経が同時に働くことはありません。このバランスが乱れると、不眠などの症状が現れる可能性があります。

自律神経を整えるために、リラックスすることや規則正しい生活を送ることが重要です。自分の好きな音楽やぬるま湯にゆっくり浸かるなどリラックスできる環境を作るように心がけましょう。また楽観的に物事を考えるようにすることも大切です。

他にも規則正しい生活も重要です。食事・睡眠などの質を高めることで、疲労回復効果が期待できます。疲労の蓄積は、ストレスに弱い体質になってしまうため早めに対処するようにしてください。

ピラティスは自律神経を整え、内臓機能をアップする効果が期待できます

自律神経を整えるためには姿勢や呼吸、エクササイズも大切と言われています。とくに呼吸は、ゆっくりとした深い胸式呼吸が効果的と考えられています。

胸式呼吸は、意識的に肺を使う呼吸法です。肋骨筋を動かし、吸う・吐くのリズムを良くし、ゆっくりとした深い呼吸を行うことで自律神経の状態を良くする効果が期待できます。

ピラティスはこの胸式呼吸を行っており、姿勢を整えることができると言われています。背骨が正しい位置に戻り、脊髄や神経の通り道が良くなるためです。反対に姿勢が悪くなることで、自律神経が遮断される可能性があり乱れやすくなります。

自律神経が整うことで、身体の状態が良くなっていきます。そして内臓機能の改善や免疫力のアップ、情緒の安定など身体面や精神面を良い状態に保ってくれるでしょう。

ピラティスを定期的に行うことで、自分が求めている効果が得やすくなります。まずは深いゆっくりとした胸式呼吸を丁寧に行うようにしましょう。胸式呼吸がうまく行えるようになってから、徐々にエクササイズの強度を上げるようにすることで、身体の変化を実感できるようになっていくと言います。日々の生活の中で、意識してピラティスを取り入れるようにしましょう。

(まとめ)ピラティスが内臓機能や自律神経に及ぼす影響とは?

1.ピラティスは内臓機能や自律神経の働きを整えるのに効果的です

体質や性格、生活のリズムなどがさまざまな原因で自律神経の乱れが起こります。自律神経の乱れで、更年期障害や内臓機能低下など多くの病気や症状を発症する恐れがあるでしょう。酷くなる前に、自律神経を整えることが大切になってきます。

2.自律神経の乱れによって、身体に悪影響を及ぼします

自律神経の乱れは、誰にでも起こる可能性があります。ストレスなどの影響で自律神経が乱れることで、内臓機能低下やめまいなどの症状を引き起こす恐れがあるのです。症状を悪化させないために、症状が軽い時に自律神経を整えることが大切になります。

3.交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大切です

自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあります。この2つの神経を切り替えることで、身体の安定を保つことにつながるでしょう。自律神経を整えるために、リラックスすることや規則正しい生活を送ることが大切です。

4.ピラティスは自律神経を整え、内臓機能をアップする効果が期待できます

自律神経を整えるためには、姿勢や呼吸、エクササイズも大切です。胸式呼吸で自律神経の状態を良くする効果が期待できます。また姿勢を整えることで、脊髄や神経の通り道を良くなるでしょう。ピラティスは、自律神経を整えると言われています。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る