ピラティスは妊婦さんの内臓機能向上にも良いの?


ピラティスは妊婦さんにとっても、内臓機能を向上させる効果が期待できます


ピラティスは、呼吸法を繰り返しながら体を動かすことで、骨や臓器をしっかり支えるインナーマッスルが鍛えられます。姿勢が良くなることで、内臓も正しい位置へと戻されるので内臓機能の向上が望めると言われているのです。
負荷も軽いので妊婦さんでも十分行える上に、妊娠中の体の変化により起こりやすいトラブル緩和にも良いとされています。

また、体重管理や呼吸法の習得、体の柔軟性が身につくといったメリットもあります。ただピラティスを行う前は医師に相談し、正しいやり方が身につくようにレッスンを受けるようにしましょう。

ピラティスは妊婦さんにとっても、さまざまな効果をもたらすエクササイズです

ピラティスは、呼吸を行いながら体を伸ばしたり、曲げたりするエクササイズです。負荷も軽く、安全なので妊婦さんでも取り組むことが可能でしょう。

体の深層部にある、普段はなかなか鍛えられないインナーマッスルを強化すると言われるので、背骨や骨盤などをしっかり支える筋力が備わります。妊婦さんは妊娠週数を経過すると、子宮が大きくなり骨や内臓を圧迫するため、腰痛や肩こり、こむら返り、便秘などのトラブルが起こりやすくなるのです。

しかし、ピラティスで骨格が正されて筋力がつくことで、足腰への負担が減ると考えられています。さらに、体の歪みが正されることで内臓も正しい位置へと誘われ、内臓機能も向上し、お通じも促されるようになるでしょう。

ピラティスでは深い胸式呼吸を繰り返し、ゆっくり行います。胸式呼吸は、鼻から息を吸い込んで肋骨を開くようなイメージで胸を膨らませ、お腹に力を入れて凹ませながらゆっくり口から吐き切るという呼吸法です。呼吸を習慣化させることで、新鮮な空気をしっかり体内に取り込むので内臓機能の中でも心肺機能の向上に効果的だとされています。

ピラティスは妊婦さんに必要な体の柔軟性や体重管理などにも効果的です


ピラティスは妊娠中のみならず、出産時や産後の体にもメリットとなる効果が期待できるでしょう。妊娠中期以降はつわりも収まって食欲が出始めるので、つい食べ過ぎて体重の増加に悩まされる方も多いでしょう。

しかし、ピラティスは内臓機能を高めることで基礎代謝も上がるため、脂肪燃焼が促されやすくなります。つまり、太りにくい体作りが目指せるので妊婦さんの体重管理にも役立つエクササイズと言えるのです。

骨盤周りの筋肉が柔らかくなり、柔軟性が高くなることで出産がよりスムーズに、楽に進められると言われています。さらに、インナーマッスルが強化され出産に耐えられるだけの体力がつき、産後の体の回復も早まるとされています。胸式呼吸法を習慣化させることで、あらかじめ深い呼吸が身についているため出産時に呼吸が浅くなりにくく、お産がスムーズに行えるというメリットも期待できるでしょう。

妊婦さんはムリせず医師の許可を得てからピラティスを行いましょう

ピラティスは負荷も軽く、ゆったりとした流れのエクササイズで、妊婦さんの心身にも良い効果をもたらすと言われています。ただし、体を伸ばすなどのストレッチを取り入れ全身を使って行うため、事前にかかりつけ医に相談し、許可を得てから始めるようにしましょう。

妊娠初期の場合、体の状態によっては運動を控えて安定期に入る妊娠中期以降から始めるのがよいとされています。また、マタニティピラティスはDVDなどを見ながら自分でも可能です。しかし、とくに初心者だと体の動かし方に慣れていないの、間違ったやり方を続ける可能性もあります。そうなると効果が半減してしまうだけではなく、妊婦さんの体に負担がかかる場合もあるのです。

ピラティススタジオでは、妊婦さん向けのマタニティピラティスクラスを開講しているところもあります。レッスンを受けることで、正しい動作や呼吸法も身につき、姿勢などもインストラクターに細かくチェックしてもらえるので安心して行えるでしょう。

(まとめ)ピラティスは妊婦さんの内臓機能向上にもよいの?

1.ピラティスは妊婦さんにとっても、内臓機能を向上させる効果が期待できます

ピラティスはインナーマッスルを強化し、ズレた内臓を正しい位置へと戻すことで内臓機能を活性化させる効果が期待できます。負荷が軽いので妊婦さんにも良いとされるエクササイズですが、行う前には医師に相談して、許可を得てからにしましょう。

2.ピラティスは妊婦さんにとっても、さまざまな効果をもたらすエクササイズです

ピラティスは、骨盤や背骨をしっかり支えるインナーマッスルを鍛え内臓機能を向上させると言われています。妊婦さんに多い腰痛や便秘などのトラブルの緩和にも効果的だとされているのです。

3.ピラティスは妊婦さんに必要な体の柔軟性や体重管理などにも効果的です

ピラティスは内臓機能を高め、基礎代謝を上げて脂肪燃焼を促すので妊婦さんの体重管理にもよいとされています。さらに柔軟性が備わり、呼吸法が身につきやすくなるなど出産時にも役立つメリットがたくさんあります。

4.妊婦さんはムリせず医師の許可を得てからピラティスを行いましょう

妊婦さんの体にも優しいピラティスですが、妊娠中は体の変化も起こりやすいため、事前に医師に相談して許可を得てから始めましょう。さらに独学よりも、レッスンで正しいやり方をきちんと学んだ方が安心して行えると言えます。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。

関連記事

ページ上部へ戻る