HIITは腹筋を鍛えることができるの?

HIITは腹筋の強化にも良いと言われています

HIITは腹筋の強化にも良いと言われています
短時間、高強度の運動を行うHIITは、筋肉に強い刺激をうけて損傷し、修復する都度増強されていくのが特徴です。腹筋に効くメニューを取り入れることで腹筋の強化にも効果を発揮すると考えられています。

また、HIITは脂肪燃焼効果も高く、運動後も不足した酸素を取り入れ、消費するために脂肪燃焼が続きます。腹筋を鍛えるのに効果的なのが、3方向から腹筋に働きかけるひねる腹筋です。

初心者でもやりやすいので気軽に始められます。また、ツイストクランチやレッグツイストなど様々なメニューがあるので、慣れてきたら取り入れてみましょう。

更に、腹筋以外の部位を鍛えるメニューも加えながら、継続していきましょう。

強い負荷のかかる運動で筋肉の損傷と修復が繰り返され、強化されていきます

腹筋強化にも効果的

HIITは、高強度インターバルトレーニングのことです。強い負荷のかかる運動と中~軽度の負荷の運動を交互に繰り返します。

無酸素運動と有酸素運動がうまく織り交ざっています。HIITは、激しい運動で筋肉を傷つけ、修復させる過程において筋力アップを目指せます。

そのため、腹筋に効くトレーニングを行うことで腹筋の強化も十分に可能だと言われているのです。

脂肪燃焼効果も期待できる

また、有酸素運動以上の脂肪燃焼効果も期待できるのが大きな特徴です。HIITは、高強度の運動で酸素が不足し、息切れを起こします。

傷ついた筋肉を修復し、筋肉を酷使したことで生成される疲労物質、乳酸などを排出するために、運動後も大量の酸素を取り込みます。酸素消費に使われるエネルギーは、脂肪を燃やすことで調達されます。

そのため、運動後も脂肪燃焼によりカロリー消費が続くことになるのです。有酸素運動では運動時しか脂肪燃焼がなされず、運動をやめると脂肪減少はストップします。

しかも、有酸素運動を長時間続けると、筋肉のタンパク質が分解され、エネルギーとして使われるので筋肉が減ってしまいます。しかし、HIITは運動後も長時間にわたり、脂肪が減少し続けるので効率よく脂肪が燃やせるのです。

HIITは脂肪を減らしつつ、腹筋の増強もできるとても画期的なトレーニング法だと言えるでしょう。

初心者は簡単なひねり腹筋から始めましょう

初心者は簡単なひねり腹筋から始めましょう
HIITにはスクワットなどメニューが豊富ですが、特に腹筋強化に効果的なトレーニングがあるのでやり方を覚えて取り入れていみましょう。

ひねり腹筋のやり方

仰向けに寝た状態から上体を起こす通常の腹筋にアレンジを加えたもので、左右の脇腹の腹筋にも効くトレーニングです。

1.仰向けに床に寝転びます。膝は曲げて立て、両腕はまっすぐ上に伸ばします。
2.息を吐きながら、上体を起こし左へ腰をひねります。
3.上体を後ろに倒して1の姿勢に戻ります。
4.息を吐きながら上体を起こします。
5.上体を後ろに倒し、1の姿勢に戻ります。
6.息を吐きながら、上体を起こし今度は右へ腰をひねります。
7.上体を後ろに倒し、1の姿勢に戻ります。
8.3回繰り返20秒休むのを1セットとして、5セット行いましょう。

トレーニングの注意点

ひねり腹筋は、起き上がる時はお腹に力を入れて勢いをつけないようにするのがポイントです。反動で起き上が、足に力を入れると腹筋に効いてこないのでHIITの効果が半減します。

ただ、筋力が弱い人がいきなり腹筋を始めるのはかなり辛く、上体を起こせない可能性もあります。その場合は無理をしないで、起き上がれる所までにして、徐々に体が慣れたら完成形に近づけていきましょう。

ツイストクランチやレッグツイストは腹筋強化に良いとされています

ツイストクランチ

腹筋をしながら腰を左右にひねるトレーニングです。初めての人はきつく感じますが、慣れてくるとできるようになります。

1.仰向けに床に寝て、頭の後ろで両手を組みます。
2.両膝を直角に曲げて、つま先を床から少し離します。
3.息を吸い、吐きながら.腰をひねって、左ひざと右ひじが触れるように腹筋を使い、ぐっと体に引き付けます。そのまましばらく停止します。
4.息を吐きながら力を抜いてゆっくり元の姿勢に戻ります。
5.逆も同じように行います。左右で20回程繰り返し、20秒休むというのを1セットとし、3セット行いましょう。

レッグツイスト

両足を上げて左右に倒すトレーニングで、腹筋に効きます。無理のない範囲で行いましょう。

1.床に仰向けに寝ます。両手は肩の位置で横に伸ばします。
2.両足を揃えて膝を直角に曲げて床から離します。
3.腹筋に力を入れて腰をひねり、両足を右方向へ倒しますが床に着ける手前で止めます。
4.元の姿勢に戻して反対側も行います。
5.左右で20回行い、20秒休憩を1セットとして3セット繰り返しましょう。

HIITは他のメニューも組み合わせながら継続させましょう

HIITは他のメニューも組み合わせながら継続させましょう

週に3回程度、継続させることが大事

HIITは脂肪を燃やし、腹筋を強化させるのにとても効果が高いトレーニングだと言われています。しかし、1回やっただけでは目に見える効果は現れません。

やはり回数を積み重ね、習慣化させることで徐々にお腹の変化が実感できるとされています。週に3回位の頻度で定期的に行うことが大事です。

ただ、効果を急ぐあまりやりすぎる人もいますが、逆効果になる場合もあります。毎日のように行うと筋肉が修復する時間がないまま、またトレーニングで傷がついてしまうため効率よく増強することができません。

更に筋肉痛を我慢してもトレーニングはやる気を低下させることにもつながります。無理をしないで週に3回位が適度であり、効果も出やすいと言えます。

他のメニューも組み合わせる

腹筋を鍛えるには、お腹周り筋肉に効くメニューを重点的にやるのは確かに効果的ではあります。しかし、特に運動不足気味の人だと腹筋ばかり偏って鍛えるのは、バランスが悪く体を痛めることにもつながるとされています。

全身を満遍なく鍛えるためにも、他のメニューを組み合わせるのがおすすめです。例えば、スクワットやダッシュ、腕立て伏せなどが良いでしょう。

(まとめ)HIITは腹筋を鍛えることができるの?

1.HIITは腹筋の強化にも良いと言われています

HIITは強い負荷のかかる運動を短時間行うので、筋肉の損傷と修復を繰り返しながら筋力アップを目指せると言われています。中でも腹筋強化に特化したHIITのメニューを取り入れることで、効率よく腹筋増強も行るでしょう。

2.強い負荷のかかる運動で筋肉の損傷と修復が繰り返され、強化されていきます

HIITは強い負荷のかかる運動を短時間行うので、筋肉の損傷と修復を繰り返しながら筋力アップを目指せると言われています。中でも腹筋強化に特化したHIITのメニューを取り入れることで、効率よく腹筋増強も行るでしょう。

3.初心者は簡単なひねり腹筋から始めましょう

ひねり腹筋は床に仰向けに寝た状態から上体を起こしつつ左右に腰をひねり、3方向から腹筋を刺激して筋肉を鍛えるのに効果的はHIITのメニューです。初心者でもやりやすいので、無理のない程度から始めてみましょう。

4.ツイストクランチやレッグツイストは腹筋強化に良いとされています

腹筋をしながら腰をひねることで脇腹にも効くツイストクランチや、足を上げて同じく腰をひねるレッグツイストは、腹筋に効くとされるメニューです。やり方も簡単なので覚えて取り入れてみましょう。

5.HIITは他のメニューも組み合わせながら継続させましょう

HIITの腹筋強化メニューは継続して行うことで、徐々に効果が実感できるようになると言われています。ただ、筋肉の修復時間も考慮し、週に3回程度の頻度に留めましょう。

また、他の部位の筋肉にも効くメニューも組み込んでいきましょう。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。

関連記事

ページ上部へ戻る