【保存版】ピラティスの効果とは?実際どんな効果が出るの?

体幹を鍛えるピラティスは姿勢や歪みの改善、新陳代謝の向上によりダイエット効果も期待できます


ピラティスのエクササイズは、第一次世界大戦の頃に誕生して負傷した兵士の回復を促進するリハビリに使用されていたと言われています。

そのためを動かすのが難しい状態でも、無理をせずに効率よくインナーマッスルを鍛えることができるのがピラティスの大きな特徴とされています。

身体の中心部にあるインナーマッスルを鍛えることで、身体の歪みが改善して美しい姿勢が維持できるようになったり、代謝の向上によるダイエット効果が得られたりなど様々な効果につながるでしょう。

インナーマッスルを鍛えるピラティスは、様々な効果が期待できます

ピラティスでは、インナーマッスルを鍛えることで骨盤の歪みの改善、ストレス軽減、ダイエット効果が得られるなど様々な効果が得られるとされています。

姿勢や骨盤の歪みを改善

ピラティスは、日常生活で歪みが生じやすい骨盤や背骨など骨格の正しい位置を意識しながらエクササイズを行います。エクササイズによって体幹が鍛えられると、姿勢や骨盤の歪みが改善していくでしょう。

骨盤が正常な位置に戻ると骨盤の上にある内臓の位置も改善され、血流の促進や内臓機能の向上が期待できます。そのため、冷え性、生理痛、便秘などの体調不良や、むくみなどの改善に役立ちます。

ストレスの軽減

ピラティスは動作を正確に行うために、使う筋肉や骨格に集中してエクササイズに取り組みます。

一つひとつの動作に脳を集中させることで、ストレスを軽減するための精神的な落ち着きを取り戻すことにもつながるのです。

新陳代謝の向上によるダイエット効果

お腹周りの体幹を鍛えると、内臓を支える力がついて本来の正しい位置に戻ると言われています。体幹の筋肉量の増加によりお腹周りは引き締まり、代謝も向上するでしょう。

ラティスを継続することで血行促進や代謝の向上による脂肪燃焼効果につながるため、痩せやすく太りにくい体質への変化が望めます。

誰でも行える

元々リハビリに使用されていたピラティスには、難しい動きがあまりありません。運動に自信がない人でも行いやすいところも魅力のひとつです。

ピラティスには様々な効果が期待できる理由があります


ピラティスのエクササイズは、独特の胸式呼吸やインナーマッスルに働きかけるエクササイズなど、心身ともに鍛えることができるポイントを抑えて行います。ピラティスが多くの人に取り組まれている理由を見ていきましょう。

ピラティスの呼吸法

ピラティスでは息を吸い込んだときに胸が広がる胸式呼吸で行います。

ヨガの場合には副交感神経に働きかけてリラックスするための腹式呼吸が基本ですが、ピラティスの胸式呼吸は交感神経に働きかけてパフォーマンスの高い状態でトレーニングすることを可能にします。

そのため、エクササイズを行ったあとに得られる充実感が大きな魅力と言えるでしょう。

体幹トレーニング

ピラティスでは、独自のエクササイズで普段使わない筋肉までバランスよく鍛えていきます。

鍛えることが難しいと言われている体幹を鍛えることができるため、筋肉量がアップして体調の改善やダイエットにも役立つ代謝の向上につながります。

姿勢改善

ピラティスは使う筋肉を意識しながら正確な動作を行うエクササイズです。身体をコントロールしながら鍛えたい筋肉を集中して鍛えることで、歪みやすい身体の左右の筋肉量を調整することができるようになります。

正しい筋肉の動かし方や正しい姿勢が身につくため、肩こりの改善や予防にも役立ちます。ピラティスは筋肉を鍛えながら筋肉や骨格を伸ばすストレッチも行うので、徐々にしなやかな身体に変化していくでしょう。

ピラティスの効果は週1日からでも実感できると言われています

ピラティスは毎日行うことができない人にもおすすめの運動法です。

初心者の方は週1回から始めて良い

ジョギングなどの有酸素運動は毎日のように行うことが理想的と言われています。ところが、ピラティスの場合には週1回行うだけでも継続することで体幹が安定していくため、様々な効果を感じることができます。

柔軟性が向上

ピラティスの目的は、体の中心のコアを安定させて手足を滑らかに動かすことです。継続すると身体の柔軟性が高まると言われています。

柔軟性の向上により関節の可動域が広がり、運動時のケガの予防につながるでしょう。また、硬い筋肉がほぐされることで固まっていた悪い姿勢が改善され、血流の促進も期待できます。

肩こりや腰痛の緩和、血行促進による免疫力の向上で体調維持にも役立つとされています。

基礎代謝のアップ

インナーマッスルを鍛えることで、筋肉量が増加して基礎代謝量もアップするでしょう。基礎代謝量が上がると1日の消費エネルギー量が増えるため、脂肪を溜め込みにくい体質に近づきます。

身体の中心にある深層筋は普段意識して使われることがほとんどないため、ピラティスを始めたばかりの頃には筋肉痛になりやすいと言われています。ピラティスを続けていると、その筋肉痛もなくなり身体の変化を強く感じられるようになっていきます。

運動不足の解消としても始めやすいエクササイズです

ピラティスのエクササイズは、日常生活で感じている運動不足の解消にも適しています。

インナーマッスルを鍛えることが可能

ピラティスのエクササイズでは、通常の筋力トレーニングでは鍛えることが難しいと言われる深層筋を主に鍛えていきます。インナーマッスルは深層部にある筋肉なので、腕や足などの目に見える筋肉とは異なり、鍛えていることが実感しにくいというのが特徴です。

ピラティスでは正確な動作のエクササイズで深層筋に働きかけて鍛えていくため、動き方の注意点をしっかりと抑えて行う必要があります。身体の中で、どの筋肉を動かすか意識して行うことが重要です。

スタジオで基本を押さえる

ピラティスを始めるときには、ピラティススタジオでのレッスンがおすすめです。ピラティスのエクササイズは正確に行うことが重要なので、レッスンを受けて正しい動きをインストラクターに直接指導してもらえるとより高い効果が得られるでしょう。

運動やスポーツの経験があまりないと不安に感じている場合には、1回体験レッスンを受けて実際のスタジオの雰囲気に触れてみることをおすすめします。ピラティスには種類があり、たくさんのクラスを用意しているスタジオが多いので、自分に合うクラスを探してみましょう。

適したクラスでピラティスを楽しく続けていくうちに、基本をしっかりと覚えることができます。

生活に無理なく取り入れられるのが魅力

ピラティスの経験者の場合には、経験者向けのレッスンがおすすめです。レッスンには鍛えたい筋肉に集中してトレーニングを行うことができるマシンピラティスやレベルごとに分けられたクラスがあり、好みのクラスを選ぶことができます。

ご自宅でのピラティスとレッスンを組み合わせることで、健康や美容に役立つ様々な効果を高めることができるでしょう。初心者や経験者の誰にでも行いやすく、日常生活に様々な形で取り入れられるところがピラティスの人気のポイントと言えます。

(まとめ)ピラティスの効果とは?実際どんな効果が出るの?

体幹を鍛えるピラティスは姿勢や歪みの改善、新陳代謝の向上によりダイエット効果も期待できます

ピラティスは元々リハビリを行うために使用されていたため、あまり運動をしない方でも無理をせずに効率よく行えると人気のエクササイズです。主に身体の深層部にあるインナーマッスルを鍛えるために行うと言われています。

インナーマッスルや体幹を鍛えて身体の中心を安定させることで、骨盤を正常な位置に戻して姿勢の改善や内臓機能の向上が期待できます。また、筋肉の増加による代謝のアップはエネルギー消費量を増やすためダイエットにもおすすめです。

ピラティスの呼吸とともに行う流れるような動きは、柔軟性を高めてしなやかな身体を作ることにも役立ちます。様々なメリットが得られるピラティスはスタジオでレッスンを受けることで、よりその効果を高めることができるでしょう。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る