ピラティスの「ソー」はどんな効果があるの?


ピラティスの「ソー」はウエストのシェイプアップに効果的とされるエクササイズです


体のインナーマッスルを鍛え体幹を強化することで、姿勢の改善やダイエットに効果的と言われているピラティスの中でも、「ソー」というエクササイズはウエストのシェイプアップに効果的なエクササイズです。

ソーを習慣的に行うことで、美しいウエストラインを手に入れることができるでしょう。

「ソー」は猫背や腰痛に悩んでいる方にもおすすめです

ピラティスのエクササイズである「ソー」とは、「のこぎり」のことで、手足を広げて体をねじるエクササイズで、手はのこぎりを、脚は板に見立てています。

体幹を鍛えることでも有名なピラティスですが、「ソー」はその中でもウエストや腰、ももや腹筋を強化してくれるエクササイズです。

ウエストのシェイプアップに効果的で、背骨周辺の筋肉のストレッチも行うことができます。

柔軟性を高めてくれるため、腰や背骨を柔らかくしてくれるため、腰痛持ちの人や猫背など姿勢が悪い人にもおすすめのエクササイズです。

「ソー」を継続して行うことで、ウエストのシェイプアップや姿勢の改善、それに伴い首や肩こり、腰痛を改善・軽減することができると言われています。

「ソー」を行うときには、呼吸に注意し、動きと呼吸を合わせる練習を行いましょう。

深い呼吸を行うことで、肺の中を浄化させる効果があると言われています。

また深い呼吸はリラックスにも効果的なので、ストレス解消にもつながります。

また、体をねじったり戻したりするときは、勢いに任せて動かさないように注意しましょう。

ゆっくりと呼吸し、それに合わせてゆっくりと腹筋や背筋使って動かしていくことがポイントです。

ピラティスの「ソー」で腰回りを鍛えましょう


ピラティスの「ソー」のやり方をご紹介していきます。

継続することで、姿勢の改善やウエストの引き締め効果が期待できるでしょう。

  1. 骨盤を立てて、背筋を伸ばして脚を広げて座ります。

    このとき脚は腰の幅よりも、少し広げたくらい(45度程度)に開いて、つま先は立てます。

    腕は横にまっすぐに伸ばして、肩の高さまで上げて手のひらは下に向けます。

  2. 息を吸いながら、胸からゆっくり体を左にねじっていきます。

    腕はその動きに合わせるように、一緒に動かします。

    このとき骨盤が動いてしまわないように気を付けましょう。

    左にねじったとき、右手が左脚の上にくるように脊椎を回していきます。

  3. 息を吐きながら、背中をゆっくり前に倒していきます。

    右手は左の足の指に向けて伸ばしていきましょう。

  4. 息を吸いながら体を起こします。
  5. 息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻していきます。
  6. これを5回程度繰り返しましょう。

少しずつ自分のペースで行うことが大切です

「ソー」を行うときは、ピラティスのほかのポーズと同じく、いくつかの注意点があります。

取り組むときは常に意識するようにしましょう。

呼吸を止めないように注意する

慣れないうちはどうしても動きに意識を取られてしまい、呼吸を止めてしまいがちです。

「ソー」だけでなく、ピラティスは呼吸法が大切なエクササイズです。

呼吸を止めてしまうと効果が半減してしまい、ピラティスをしてみたけれど「効果がなかった」という結果になりかねません。

動きだけに集中するのではなく、呼吸に気を付けて行いましょう。

痛みを感じたときはすぐにやめて休憩する

エクササイズ中に痛みを感じたら、すぐに休みましょう。

無理をすると体を痛めてしまうことがあります。

自分のペースで行う

慣れないうちはうまくできなくても、ピラティスを続けていくうちに体も柔らかくなり、だんだんできるようになっていきます。

早く効果を出したいのはわかりますが、最初に無理をしてやり過ぎてしまうと、だんだん億劫になりやすくなります。

続けられなければ意味がありません。

自分のペースで、少しずつでも続けていくことが大切です。

(まとめ)ピラティスの「ソー」はどんな効果があるの?

1.ピラティスの「ソー」はウエストのシェイプアップに効果的とされるエクササイズです

ピラティスの「ソー」というエクササイズは、ウエストのシェイプアップに効果的なエクササイズです。

お腹周りが気になる人やダイエット中の人におすすめです。

ぜひピラティスの「ソー」にチャレンジしてみましょう。

2.「ソー」は猫背や腰痛に悩んでいる方にもおすすめです

「ソー」は手足を広げ体をゆっくりとねじるエクササイズで、ウエストの引き締めや姿勢・腰痛の改善に効果的です。

また、深い呼吸を行うことでリラックス効果も期待できます。

今日から習慣に取り入れてみましょう。

3.ピラティスの「ソー」で腰回りを鍛えましょう

ピラティスの「ソー」は、体をねじることでウエスト周辺の筋肉を強化するエクササイズで、ウエストの引き締めに効果的です。

行う際はゆっくりと行い、腹筋や背筋などの筋肉を使って行うことを意識しましょう。

4.少しずつ自分のペースで行うことが大切です

ピラティスを行うときは動きに夢中になり、呼吸を止めてしまわないように注意しましょう。

少しずつでも自分のペースで継続していくことが大切です。

楽しみながらピラティスを行っていきましょう。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。

関連記事

ページ上部へ戻る