肩こりに効果的なピラティスのポーズはある?


肩こりの改善に役立つピラティスのポーズがあります


女性を中心に肩こりに悩んでいる人は大勢いますが、肩こりの原因というのは人によって千差万別です。

すべての人が同じ理由で肩こりになるわけではないため、なかなか改善や解消が難しい問題の一つでもあります。

肩こりの原因の一つに猫背などの基本的な姿勢がありますが、そうした姿勢を正して肩こりのリハビリとなるエクササイズとしてピラティスが人気を博しています。

元々ピラティスは単なる運動やダイエットの方法としてではなく、れっきとしたリハビリ方法として考え出されたものですので、肩こりや腰痛などの生活習慣から来る症状を緩和するためには適した方法といえるでしょう。

ピラティスも初心者でもやりやすいものから、上級編まで様々なため、自分の目的によって必要なものを取り入れることができます。

様々なピラティスのポーズから肩こりに効くものを選びましょう

肩こりというものはバカにできないもので、人によっては普通の生活が送れなくなるくらいつらい症状にまでなることもあります。

女性に多いイメージがありますが、男性でも肩のこりに悩んでいる人はたくさんいて、その原因も仕事内容から個人の姿勢のクセ、さらに精神的なものまで様々です。

ピラティスによって肩こりが改善されたり、予防できるという話を聞きますが、ピラティスにはたくさんのポーズがありますので、なんとなくやっているのではなく、自分の目的にマッチしたものを取り入れて日常的に続けていくのが一番良いのではないでしょうか。

肩こりによく効くといわれているピラティスのポーズは以下のようなものです。

  1. 仰向けに寝転んでひざを立てるようにします。
  2. 両腕を頭の上のほうにあげていき、息を吸います。
  3. 今度は息を吐きながらゆっくりと腕を横に開いていきます。

この動きを繰り返すことによって肩の周りの筋肉がほぐれていきます。

ピラティスのエクササイズのなかでも基本的で簡単なものであるため、すぐにでもできることでしょう。

姿勢を良くするためにもピラティスを取り入れましょう


姿勢を正すことのメリットとしてすぐに思い浮かぶのは、見た目の印象の改善かもしれません。

しかし、見栄えの良さ以外にも姿勢を正すことのメリットはたくさんあります。

特に姿勢の悪さと肩や首のこりには非常に深い関係があります。

簡単に言うとこうした肩や首のこりはその周辺の血行が悪くなっているのが原因といわれています。

そのような血行不良の原因になるのが、現代人にありがちな猫背などの姿勢の悪さなのです。

特にパソコンやスマートフォンを見ている時間が長い現代人は背中を丸めて顔を前につき出すようなポーズを長時間する傾向が強いので、姿勢の悪化につながり、それがひどい肩こりなどにもつながってしまいます。

ピラティスをちょっとしたダイエット用の運動と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、実際はピラティスはれっきとしたリハビリのためのエクササイズであり、姿勢を正しくする効果が期待できるものです。

特に正しい姿勢をとるために必要な筋肉をバランス良く鍛えることができるといわれているのです。

ピラティスはリハビリが起源のエクササイズです

ピラティスというものは一体いつどのようにブームになったのかと不思議に思っている方もいるかもしれません。

日本では近年新しいエクササイズとして認知度が上がってきていますが、元々はドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が考えたエクササイズであり、戦争中に負傷した兵士が入院中でもできるようにと考案されたリハビリが起源となっています。

そのため完全に元気な人間でないとできないエクササイズというよりは、復調を目指している人がリハビリとしてやる目的があるため、形成外科のリハビリメニューなどにも入っていることがあります。

インナーマッスルを鍛えて良い姿勢を手に入れたい方はぜひ試していただきたいエクササイズです。

(まとめ)肩こりに効果的なピラティスのポーズはある?

1.肩こりの改善に役立つピラティスのポーズがあります

肩こりは多くの人が悩まされている生活習慣から来る痛みの一つですが、なかなか改善が難しい症状の一つでもあります。

ピラティスのエクササイズのなかには肩周りをほぐすのに効果的なエクササイズがありますので、必要なポーズを生活に取り入れましょう。

2.様々なピラティスのポーズから肩こりに効くものを選びましょう

女性だけでなく男性にとっても肩こりというものは悩みの種です。

肩こりを改善するのはなかなか難しいですが、今人気のピラティスというエクササイズで肩の周りの筋肉を上手にほぐしてあげることが可能です。

3.姿勢を良くするためにもピラティスを取り入れましょう

現代人の生活ではスマホにせよパソコンにせよ画面を覗き込んでいる時間が長く、こうした行動は姿勢の悪化を招くケースが少なくありません。

ピラティスは正しい姿勢を取るための筋肉をバランス良く鍛えることができるといわれています。

4.ピラティスはリハビリが起源のエクササイズです

ピラティスは元々ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が考案したものであり、負傷した兵士が入院中でもできるようなリハビリとして考え出されました。

良い姿勢を手に入れるためにとても良いエクササイズであるといえます。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。

関連記事

ページ上部へ戻る