ピラティスの基本「ペルビックカール」の効果は?

ピラティスの「ペルビックカール」は姿勢改善効果が期待できます


「ペルビックカール」とはピラティスで行うウォームアップのエクササイズの1つです。

仰向けで行うため比較的行いやすく、習慣化しやすいエクササイズです。

骨盤から背骨の一つ一つを動かすことで、骨盤の歪みや姿勢を改善し、腰痛の予防やヒップアップの効果が期待できます。

さらに自律神経の改善に繋がるとも言われています。

「ペルビックカール」とは骨盤や背骨を整え、姿勢改善効果が期待できます

「ペルビックカール」は、骨盤から背骨の一つ一つを動かすイメージで、ゆっくり臀部を持ち上げるエクササイズです。

仰向けで比較的行いやすいため、初心者からでも取り入れやすいのがメリットです。

ペルビックカールを行うことで期待できる効果とは?

姿勢改善

骨盤の後傾やニュートラルポジションを意識して行うエクササイズのため、骨盤の歪みの改善や理想のS字カーブに近づける効果が期待できます。

腰痛や肩凝り改善

姿勢を改善することで、正しいボディラインになりやすくなります。

そのため、腰痛や肩凝りの改善にも繋がると言われています。

ヒップアップや腹部の引き締め効果

ハムストリングスや腹部の筋肉を意識して鍛えることで、ヒップアップや腹部の引き締め効果が期待できます。

継続することでボディラインを整えることに繋がると言われています。

メンタルを落ち着かせる効果

「ペルビックカール」だけでなく、ピラティスにはメンタルを落ち着かせる効果があると言われています。

胸式呼吸を意識することで、集中力が高まりストレス解消に効果的と考えられています。

「ペルビックカール」は呼吸を意識することが大切です


ペルビックカールは、簡単に行えるエクササイズと思われがちですが、丁寧にポイントを押さえて行うことで効果が期待できます。

意識するポイントを間違えてしまうと、効果が半減することもあるため注意が必要です。

ペルビックカールのやり方

  1. 仰向けになり、脚をこぶし1つ分あけた状態で膝を立てます
  2. 腕は両脇に置きます
  3. 骨盤はニュートラルポジションを保ちます
  4. お尻から背骨一つ一つをゆっくり上げ、膝と肩が一直線になるところまで持ち上げます
  5. 戻る時も同様に、ゆっくり時間をかけて下ろしていきます

ペルビックカールを行う上で注意するポイント

常に胸式呼吸を意識する

ピラティスを行う際、胸式呼吸は基本になります。

力んでしまうと息が止まったり荒くなったりするため、リラックスした状態で行うように心がけてください。

呼吸法は、背骨を動かしている時に吐き、姿勢をキープする際に吸うように意識してください。

お腹と太ももの裏を意識する

お尻を持ち上げる際に、太ももの裏側であるハムストリングスを意識して持ち上げるように心がけてください。

また常に腹筋に力を入れることも忘れずに行いましょう。

脚が開かないように意識する

疲労感を覚えると、脚が開きやすくなります。

常に脚はこぶし1つ分のスペースで、これ以上開かないように心がけてください。

事前にピラティスの基礎をしっかり身につけることで効果がアップが期待できます

「ペルビックカール」は単純なエクササイズのため、自己流で行うとポイントを押さえていないため効果が得られにくくなります。

初心者の場合、特に動きに集中するため呼吸の意識が難しいと言われています。

ピラティスの基本である胸式呼吸は、交感神経を優位にさせ効率良く筋肉を鍛える際に効果が得やすいと考えられています。

そのため、呼吸を常に意識することが重要になってきます。

しっかりとした効果を得るために、ピラティスの基礎を事前に身につけておくことが大切になります。

スタジオであらゆる基礎を学び、自宅でも「ペルビックカール」などのエクササイズを継続することで、姿勢が整い身体の状態が改善する効果が期待できます。

また他のスクール生と接することで、励みになり切磋琢磨することで自身のモチベーションアップもできます。

(まとめ)ピラティスの基本「ペルビックカール」の効果は?

1.ピラティスの「ペルビックカール」は姿勢改善効果が期待できます

「ペルビックカール」はピラティスのエクササイズの1つです。

骨盤の歪みや姿勢の改善、腰痛予防など身体のバランスを整える効果が期待できます。

さらに自律神経の改善にも繋がると言われています。

2.「ペルビックカール」とは骨盤や背骨を整え、姿勢改善効果が期待できます

「ペルビックカール」は姿勢改善効果が期待でき、腰痛や肩凝りの軽減に繋がると言われています。

筋肉を鍛えることでヒップアップや腹部の引き締め効果があると考えられています。

胸式呼吸を意識して行うことで集中力を高め、ストレス解消効果が期待できます。

3.「ペルビックカール」は呼吸を意識することが大切です

「ペルビックカール」は、丁寧にポイントを押さえて行うことが大切です。

骨盤から背骨一つ一つをゆっくり持ち上げるイメージで行いましょう。

胸式呼吸や使う筋肉の部位などしっかり意識して行うことで効果が得やすくなすと言われています。

4.事前にピラティスの基礎をしっかり身につけることで効果がアップが期待できます

「ペルビックカール」は自己流で行うと、ポイントを押さえられずに効果が得られにくくなります。

スタジオなどでしっかり基礎を身につけ、呼吸法を学ぶことで効果が得られやすくなります。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る