ピラティスは胸にどのような効果があるの?

ピラティスには胸を大きくする効果が期待できます


ピラティスには、胸の土台となる衰えた大胸筋を鍛え、厚みをつけることでバストのボリュームアップ効果が期待できます。

大胸筋は加齢や猫背、運動不足により徐々に弱くなり、胸が支えきれず垂れてしまうだけでなく、胸の脂肪が背中などに流れてボリュームを失います。

ピラティスの中の、プッシュアップ・ピラティスというエクササイズは、バストアップに効果的なのでやり方を覚えて試してみましょう。

ピラティスは大胸筋を鍛え、バストアップにも効果的だと言われています

胸は、大胸筋という筋肉を土台として乳房を支えられています。

乳房の9割は脂肪で、1割が乳腺からできており血管や神経などが張り巡らされているのです。

胸の大きさは、脂肪の厚みや乳腺の発達具合によって異なります。

乳腺は女性ホルモンの分泌が多いと発達します。

つまり、脂肪が多く女性ホルモンの分泌が増えれば胸は大きくなるということになります。

また、大胸筋が衰退するとボリュームダウンにつながるだけではなく、重たい胸を支えることができなくなります。

その結果、胸の脂肪が背中や脇へと流れて左右にバストが離れて谷間がなくなる他、乳房が下へ垂れやすくなるなどバストの形が崩れてしまうのです。

ピラティスでは、胸式呼吸とバストアップに良いポーズを取ることで、大胸筋を鍛え、分厚くする効果があると言われています。

さらに血流が促されるので、胸に栄養や酸素などがしっかりと運ばれるため、バストアップが促進されるでしょう。

このような理由でピラティスは胸のボリュームアップと下垂や谷間の消失を防止する効果が期待できると言うわけです。

胸が垂れる、または小さくなるのは加齢や筋力低下などが原因とされています


そもそも胸の下垂やボリュームダウンの原因は色々ありますが、女性ホルモンの減少や乳腺の衰退もその1つです。

乳腺を活性化させる女性ホルモンは、年齢を重ねるごとに分泌量が減り、また出産、授乳期を経て卒乳すると乳腺が衰えるので胸がしぼむ傾向にあります。

さらに、運動不足や加齢、猫背などのよる大胸筋の衰えも要因の1つです。

加齢と共に筋力も低下し、さらに大胸筋を通常の運動で鍛えるのは難しいため、徐々に大胸筋が弱く、薄くなって重い胸を支えきれず、下垂してきます。

また、猫背のように前かがみになる悪い姿勢を長年続けることで、大胸筋が使われず、胸への血流悪化にもつながるため、胸がボリュームダウンしてしまうのです。

他にも、ノンワイヤーブラを着用する、サイズに合わないブラを着けるなど間違ったブラ選びも要因とされています。

特に走ったりするとバストの揺れが激しくなり、衝撃でバストを支えるクーパー靭帯が伸び切ってしまい、胸の下垂につながります。

プッシュアップ・ピラティスを覚えてやってみましょう

胸式呼吸を繰り返しながら、大胸筋強化を働きかける動作を行うプッシュアップ・ピラティスは、バストアップに効果的だと言われています。

うつ伏せに寝て床に手を突き、上体を起こしたり倒したりするだけとやり方は簡単なので、覚えてやってみましょう。

1.うつ伏せに床に寝て、掌は顔の横に置きます
2.息を吸ったり吐いたり、胸式呼吸を行いながら掌でぐっと床を押しながら、肘を伸ばして上体を起こします
この時、背筋を伸ばして腰が落ちすぎないようにしましょう
3.同じく胸式呼吸を繰り返しながら、肘を曲げますが、胸が床につかないようにしてください

始めは2~3を5回程度行いますが、慣れてきたら回数を増やしてみましょう。

一連の動作は流れるように、お腹に力を入れて動かさないようにして、手足だけを動かすのがポイントです。

胸式呼吸もしっかり行うと、大胸筋に効いてくるでしょう。

腕の力が弱くて動作が辛い場合は、うつ伏せ寝ではなく膝を曲げ、腰を浮かした状態で行うと負荷がやや弱くなります。

筋力がついてきたら、通常のやり方で行うなど無理のない範囲で続けることが大事です。

(まとめ)ピラティスは胸にどのような効果があるの?

1.ピラティスには胸を大きくする効果が期待できます

ピラティスには、加齢や猫背などが原因で衰えた、胸を支える大胸筋を強化し、ボリュームアップが図れるエクササイズだと言われています。

中でも、プッシュアップ・ピラティスは大胸筋に効く動作が含まれています。

2.ピラティスは大胸筋を鍛え、バストアップにも効果的だと言われています

胸は乳房をしっかり根元から支える大胸筋を土台とし、1割の乳腺や9割もの脂肪などから構成されています。

衰えた大胸筋をピラティスにより鍛えることで、大胸筋の厚みが増しバストのボリュームアップにもつながると言われています。

3.胸が垂れる、または小さくなるのは加齢や筋力低下などが原因とされています

胸は、加齢による女性ホルモンの減少や卒乳後の乳腺の退化、猫背や運動不足などによる大胸筋の衰えなどが原因でボリュームダウンします。

さらに、ノンカップブラの着用や胸を支えるクーパー靭帯の断裂なども要因とされています。

4.プッシュアップ・ピラティスを覚えてやってみましょう

バストアップにつながる大胸筋を鍛えるには、プッシュアップ・ピラティスが効果的です。

うつ伏せに寝て、肘を曲げ伸ばしさせながら胸式呼吸を繰り返し、大胸筋に効く動作をゆっくり行います。

無理のない範囲で続けることで効果が得られるでしょう。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る