ピラティスのヘリコプターって何?

ピラティスのヘリコプターは、股関節の柔軟性を高めるためのエクササイズです


ピラティスのヘリコプターとは、スパインコレクターという道具を使用しながら、脚を空中に向けて伸ばし、ゆっくりと大きく動かすエクササイズです。

まず仰向けに寝て骨盤をスパインコレクターの丸い部分に乗せて手前に引き上げるようにします。

そして骨盤を安定させてから、左右の足を前後に動かしたり、ヘリコプターのプロペラのように回したりすることで、股関節がやわらかくなる効果などが期待できます。

ヘリコプターで股関節を柔軟にすることが健康にいいといわれています

仕事などで座っている時間の長い方は股関節を動かすことが少ない状態です。

座ったままの状態が続いて股関節を長い時間、動かさないでいると、太ももから股関節周辺を通っている、大切な大動脈に流れている血液が滞りやすくなるといわれています。

ヘリコプターはスパインコレクターに骨盤を乗せるようにして、脚を空中へ上げた状態で股関節を大きく動かすエクササイズです。

ヘリコプターを行うと股関節がやわらかくなり、可動域が広がるといわれています。

また、座っていることが多く、運動量の少ない生活を送っていると、使わない筋力が低下しやすいです。

血液の循環には筋肉が関係しているため、座ってばかりで筋力が低下している方は血行が悪くなりやすいといわれています。

そして血行が悪い状態が続くと冷え性や肩こり、むくみなどの問題も生じるのです。

このように血行が悪いことが原因で体調不良が生じた際には、股関節を柔軟にしながらインナーマッスルを鍛えることができるヘリコプターをすることで改善が期待できます。

ヘリコプターでは骨盤を安定させることが重要です


ヘリコプターを行う時には、骨盤を前方に上げることが大切といわれています。

骨盤を安定して固定することができるスパインコレクターを使用して、しっかりと骨盤を正しい位置に固定してから、脚を大きく動かして股関節を可動させることが大切です。

股関節は骨がはまるように穴の開いた球形をしていて、骨盤に大腿骨の上部をはめ込むようにして脚と骨盤をつないでいます。

股関節が動く時には靭帯や関節包など周囲の組織も一緒に動き、骨盤も一緒に引っ張られるように動く仕組みになっているのです。

ヘリコプターでは股関節と骨盤が同時に動かないように気をつけながら、股関節だけを大きく動かします。

脚を動かした時に骨盤が引っ張られないように、骨盤が正中にあること、腰がそってしまって骨盤が後ろに下がることがないように姿勢をキープすることが重要です。

自宅で行う場合スパインコレクターの準備をしなければいけなくなり、正しい姿勢をキープすることが難しいので、教室に通って正しい方法で行うことをおすすめします。

ヘリコプターではスパインコレクターを使用します

ピラティスはマットの上でするマットピラティスと専用の器具を使用するマシンピラティスにわかれています。

マシンを使用するピラティスでは安定感のある正しい姿勢を作ることや、力を入れたい部分に集中することができるようになるでしょう。

ヘリコプターに使用されるスパインコレクターはバレル(樽)とも呼ばれ、ピラティスを行う時に使用する器具の1つで、スパインコレクターは背骨を修正するという意味です。

横から見ると半円に三角がくっついた、クジラのような形をして、半円の部分には、つかまることができるハンドルが設置されています。

股関節の位置を固定したり、半円部分のアーチを利用して背骨を大きく伸ばしたりすることが可能です。

バレルには、スパインコレクターよりも高さが低く、円の端を切り取ったような形の「アークバレル」(弧を描いた樽という意味)や、はしごと高さのある樽を合わせた「ラダーバレル」もあります。

スパインコレクターは地面からの高さがあるため、大きなアーチで柔軟性を高めながら行われるエクササイズでしっかりと身体を鍛えることができます。

様々な器具が用意されている教室を選ぶと、効果的に行えるマシンピラティスを受けることが可能です。

(まとめ)ピラティスのヘリコプターって何?

1.ピラティスのヘリコプターは、股関節の柔軟性を高めるためのエクササイズです

ヘリコプターはスパインコレクターを使用しながら脚を空中で大きく動かすエクササイズです。

骨盤を安定させてヘリコプターのプロペラのように足を回すことで股関節の柔軟性を高めることができるといわれています。

2.ヘリコプターで股関節を柔軟にすることが健康にいいといわれています

座っている時間が長いと股関節を動かす機会がなく、股関節周辺を流れる血液の循環が悪くなるといわれています。
ヘリコプターで股関節を動かすと股関節の可動域が広がり血の巡りの改善にも期待できるでしょう。

3.ヘリコプターでは骨盤を安定させることが重要です

ヘリコプターを行う時には骨盤を正しい位置に固定してから、股関節だけを動かすように気をつける必要があります。

教室で正しいやり方で行うことでピラティスの効果を高めることができるでしょう。

4.ヘリコプターではスパインコレクターを使用します

ヘリコプターを行う時には、スパインコレクターを使用して骨盤をしっかりと固定して行う必要があります。

専用器具が用意されている教室を選ぶと、様々なマシンピラティスを使用することが可能です。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る