ピラティスで手首が痛い時はどうすればよい?

ピラティスで手首が痛い時は、手首に負荷をかけないように意識しましょう


ピラティスで手首が痛くなるのは、体を支えている手首が弱いことが要因です。

特に四つん這いの姿勢からのポーズで手首に体重が乗り、痛めやすいと言います。

手首に負荷がかかりすぎないように、体の載せ方に注意し、インナーマッスルを効かせて手首以外の部位でも体を支えることが大事です。

それでも手首の痛みや引かない場合は、湿布などでケアしてしばらく休ませましょう。

ピラティスで手首が痛いのは、手首で体を支えていることが原因です

ピラティスを続けていると、手首が痛くなるという方もいるでしょう。

特に四つん這いの姿勢では、手首で体を支えようとするため、手首に体重が乗り、かなりの力がかかりやすいです。

また、手首の動きに関わる手首から肘にかけてが弱いことも要因として考えられます。

四つん這いの姿勢を手首で体を支えようと踏ん張ると、肘がお尻の方を向いて背中の肩甲骨がグイっと出て、肩が不自然に上がって首が縮まり、腰が変に反るという姿になります。

自分で鏡を見ながら、チェックしてみるとよくわかりやすいです。

ピラティス手首が痛い時は、そのまま無理して我慢しないでください。

掌を開いた状態ではなく、グーで握って床に手をつく、エクササイズによっては肘や膝をつくなど手首にかかる負荷をやや軽くする方法を試してみましょう。

また四つん這いの姿勢に入る前に、ゆっくりと腹式呼吸を行うのも効果的だとされています。

お腹をしっかりへこませ、息を吐き切っても姿勢を崩さないで、肩をすくめず胸を張ることを意識すれば、四つん這いでの体のバランスが安定するでしょう。

手首だけを使うのではなく、体の載せ方にも注意しましょう


ピラティスでは、四つん這いで背骨を丸めたり伸ばしたりするキャットバランスや、腕立て伏せの体勢から片足ずつ交互に上げるレッグプルバックなど手首に負荷がかかりやすいエクササイズもあります。

それぞれのエクササイズで求められる要素も異なりますが、手首だけで体を支えるのは、手首を痛める原因となるのです。

胸部や腹部、背中周辺のインナーマッスルを意識し、しっかり効かせていくことで手首への負担が軽減されるでしょう。

例えば、腹部なら肋骨を閉めて、おへそをきゅっと持ち上げるようなイメージで行います。

ピラティスを初心者や筋力が弱い方にはきつく感じるかもしれません。

しかし、無理のない範囲で継続していくうちにインナーマッスルが強化され、硬かった筋肉がやわらかくなり、関節の可動域が広くなるケースが多いといいます。

そうなると、動作における辛さも軽減し、自然と手首を痛めない体の載せ方ができるようになるでしょう。

体が硬いと始めは思うような動作ができず、手首のみならず人によって体のあちこちが痛くなることもあります。

無理は禁物ですが、負荷を軽くしながら少しずつでも継続することが痛みの軽減につながると言えるのです。

どうしても痛い時は、無理をしないで休みましょう

ピラティスのエクササイズで、どうしても手首が痛い、体の載せ方を工夫してもあまり変わらないという方もいるかもしれません。

本当に体の載せ方や手首の使い方が正しいかわからないので、まずレッスンでインストラクターに相談してみましょう。

手首の位置や腹筋の使い方などをレクチャーしてもらえるはずです。

ただ、手首の腫れや少し動かすだけでもかなり痛みがある場合などは、炎症を起こしている可能性もあります。

無理にエクササイズを続けても、逆効果となる場合もあるので注意が必要です。

ひとまず保冷剤にタオルを巻いて冷やしたり、湿布を貼ったりして様子をみましょう。

軽度なら腫れは次第に引いて、痛みも治まってくるでしょう。

ただ、それでも痛みが引かないようなら一度病院を受診することも検討してください。

ピラティス初心者の方中には、効果を早く出したいと気が焦って、痛みを我慢して無理にエクササイズを続ける方もいます。

ピラティス氏がローマの道は一日にしてならずという言葉を大事にしているように、ピラティスは短期間で習得、効果が得られるものではありません。

無理せず長く続けることが大事なので、時休むことも必要だと言えます。

(まとめ)ピラティスで手首が痛い時はどうすればよい?

1.ピラティスで手首が痛い時は、手首に負荷をかけないように意識しましょう

ピラティスで手首が痛いのは、手首で体を支えて負担がかかりすぎる、もしくは手首が弱いことが原因です。

動作の際に体の載せ方に気をつけ、インナーマッスルを効かせるよう意識しましょう。

2.ピラティスで手首が痛いのは、手首で体を支えていることが原因です

ピラティスで手首が痛いのは、エクササイズで手首に体重がかかっているのが原因の1つです。

さらに、手首が弱いことも要因であるため、特に四つん這い時に腰が反るなど不自然なポーズになっていないかチェックしてみましょう。

3.手首だけを使うのではなく、体の載せ方にも注意しましょう

ピラティスでエクササイズを行う際は、手首に負荷がかかりすぎないように体の載せ方に気をつけましょう。

腹部回りなどのインナーマッスルを意識し、手首だけで体を支えないように注意し、動作を行ってください。

4.どうしても痛い時は、無理をしないで休みましょう

ピラティスで手首が痛い時は、エクササイズでの手首の位置や体の載せ方などをインストラクターに見てもらいましょう。

手首の痛みや腫れが引かない場合は、冷やしたり湿布したりするなどケアして休ませ、様子をみてください。


著者情報

hawaiiwater

ピラティス
Webマガジン編集部

ピラティスに関する様々な疑問に
お答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る