ストレッチは腱を丈夫にする?


運動前の適度なストレッチで腱の損傷の予防が期待できます


ストレッチは筋肉を伸ばして関節を柔らかくするための運動とされています。 運動する前にストレッチを行うと身体の柔軟性が上がり、事前に準備運動をしなかった場合と比べて腱が損傷しにくくなるといわれています。

運動前のストレッチは重要ですが、過度にストレッチを行うと筋肉の柔軟性が高くなりすぎて収縮力が低下する場合もあるかもしれません。運動時にジャンプ力が落ちるなどの運動能力が低下する恐れがあるため、ストレッチのやりすぎには注意が必要といえます。

ストレッチは腱や靭帯のケガの予防などのために行うとされています

ストレッチは運動前や運動後、トレーニングのときなどに、さまざまな目的で行われるとされています。ストレッチの主な目的は以下の通りです。

運動前

・柔軟性の向上
・血液循環を高める
・ケガの予防

運動後

・疲労回復の促進
・リラクゼーション

トレーニング

・筋肥大
・筋萎縮の抑制

運動前のストレッチは、運動能力を下げないよう10分程度で終わらせるといいといわれています。運動時に使われる筋肉に対して、過度になりすぎず適度に身体をほぐす程度のストレッチが適しているといえるでしょう。

運動前にムリのないストレッチで筋肉をほぐすことは、 腱や靭帯の損傷の予防につながるため、とても重要です。そして運動後にも、すぐに、クールダウンのためのストレッチを行うといいでしょう。

運動後にストレッチを行うと、 運動によって緊張している筋肉がほぐされるとされています。筋肉のこわばりがとれると、血流が改善して疲労物質が排出されやすくなり、疲労の回復が期待できます。

運動前と運動後でストレッチの目的はそれぞれ異なりますが、ケガの予防など大切な目的があるため、適度に行う必要があるといえます。

動的ストレッチでは腱などの活性化が期待できるとされています


ストレッチにはスタティック(静的)ストレッチやダイナミック(動的)ストレッチ、バリスティックストレッチなどの種類があります。スタティックストレッチは静かに筋肉を伸ばすストレッチで、運動前に筋肉をほぐして関節を柔らかくするなどの目的で行われます。

ダイナミックストレッチは動きながら伸ばすストレッチ、バリスティックストレッチは動きながら反動を使って筋肉や腱を伸ばすストレッチで、スタティックストレッチよりも部位を強く伸ばすストレッチといえるでしょう。ただし突然強いストレッチを行うとケガをする場合もあります。

ストレッチのときは、始めは軽くほぐして、徐々に強く伸ばすように行うといいでしょう。ダイナミックストレッチなどの動的ストレッチで筋肉や筋腱移行部までしっかり伸ばすことができると、肉離れや筋断裂などのケガの予防が期待できます。

また動的ストレッチでは、過度なスタティックストレッチにより、パフォーマンスが低下した状態の筋肉と神経の活性化が期待できます。運動前にスタティックストレッチと組み合わせて行ってもいいでしょう。

ストレッチを継続すると柔軟性が向上するとされています

ストレッチを日常的に続けることで、関節が柔らかくなり柔軟性がアップするといわれています。普段からストレッチを行っていると、身体が柔らかくなり関節可動域を広げることができるでしょう。

関節が柔らかいと筋肉や腱、関節にかかる負担が少なくなり、運動をしているときのスポーツ障害が発生しにくくなるとされています。筋肉をほぐして痛みを改善し、柔軟性や筋持久力などを向上させるには、ピラティスのエクササイズが適しているといえるでしょう。

ピラティスでは常に新鮮な酸素を身体に送り続ける呼吸法を行いながら、身体の各部分を意識しながらエクササイズを行います。筋肉や腱、靭帯などのつながを意識して歪みを改善すること、関節の可動域を広げることなどが期待できます。

世界ではプロのスポーツ選手がピラティスを基礎トレーニングに用いている場合も多く、柔軟性を上げてケガを予防するためや、精神や身体を鍛えるために適したエクササイズといえるでしょう。

(まとめ)ストレッチは腱を丈夫にする?

1.運動前の適度なストレッチで腱の損傷の予防が期待できます

ストレッチは筋肉を伸ばして関節を柔らかくするための運動とされています。運動前に適度なストレッチを行うとケガの予防に役立ちますが、ストレッチをやり過ぎると運動能力が発揮できない場合もあるといわれています。

2.ストレッチは腱や靭帯のケガの予防などのために行うとされています

ストレッチは運動前に行うことで腱や靭帯のケガを予防するといえわれています。また運動後すぐのストレッチは、筋肉の緊張をほぐして血流を改善させ、疲労物質を排出する疲労回復に役立つとされています。

3.動的ストレッチでは腱などの活性化が期待できるとされています

ストレッチには静的ストレッチやダイナミックストレッチ、バリスティックストレッチなどがあります。ダイナミックストレッチなどの動的なストレッチには、筋肉や腱をしっかり伸ばすケガの予防や過度なストレッチ後の筋肉の活性化が期待できます。

4.ストレッチを継続すると柔軟性が向上するとされています

ストレッチは日常的に続けると身体の柔軟性アップが期待できます。身体が柔らかくなると筋肉や腱などにかかる負担が減るため、ケガをしにくくなるなどのメリットがあるといえます。


ピラティスでは、すらっと伸び上がる姿勢とメリハリのある身体を作り、姿勢の整いとともに心も整い身体の全機能が充実します。

関連記事

ページ上部へ戻る