BASIピラティスのインストラクター紹介
BASIピラティス勤務のインストラクターはすべて世界共通の厳しいBASI Pilatesのピラティス指導者育成プログラムを修了しております。


Body Arts and Science Instructor
  • ピラティスインストラクター ピラティスインストラクター ピラティスインストラクター

Haru
Haru-BASI Certified Comprehensive Instructor

静岡県島田市出身2人兄妹の長女。
静岡に暮らす父母、東京に暮らす兄夫婦とは、仲が良く、愛が溢れる家族が自慢。
エアロビや山登りが趣味の父の影響で、身体を動かすことや、山登り・SUP・ヨガ・キャンプやピクニックなどのアウトドアが趣味。

大学時代に通っていたジムでヨガに出会う。
就職活動や人間関係で悩んでいたときに、ヨガのシャバーサナの時間に号泣する体験をした。
身体や心の緊張の糸がほぐれ、素の自分に出会い、目の前の問題を受け入れることが出来た気がした。

大学卒業後、法律事務所の弁護士秘書として勤務。
弁護士の必要な業務を予想しサポート、誤字脱字が一切許されない書面の作成などの業務を担当。
仕事のやりがいは感じていたが、日々緊張感があり、多忙な職場環境において、自分自身のケアを後回しにしてしまい、自律神経失調症などの心身の不調に悩まされる。
その時、再びヨガに救われた。
ヨガをより深く勉強するため、仕事を辞めヨガのTTに参加、2014年に全米ヨガアライアンス200を取得した。

ピラティスに出会ったのは入社がきっかけ。
最初はレッスンで言われていることが理解出来なかったが、回数を重ねていくうちに、身体の内側へ意識を向ける感覚が芽生え、日常での身体への意識やヨガのアサナをとる時の自分の身体とコミュニケーションをとる力と集中力が高くなったと感じている。
また、「動きの瞑想」と言われているピラティスを通して、マンドフルの状態になり、精神的な安定を得られるよう日々実践を行っている。

ピラティスでは、「今の自分の身体・心に気付く力」を得られる。
それは自分自身を癒し、強くする。
ピラティスを通して、私達がもつ本来の強さ、優しさがある、豊かな人を増やしたい。


2014/11 【資格】全米ヨガアライアンス200 取得
2016/01 【WS】Ashley Ritchie 骨盤底筋群とピラティス
2016/03 【WS】Yoshiko Kita イブジェントリーから学ぶピラティスコンセプト「プレピラティス」
2016/04 【資格】BASI Comprehensive Certification 取得
2017/03 【WS】Ed Botta  BASIブロックシステムタイムマネージメント
2017/03 LA Costamesa BAS本部にて創始者Rael Isacowizによる養成コース2日間再受講
2017/04 【WS】Sheri Long 高齢者指導の為のマットピラティス
2017/10 【資格】Pfilates(Pelvic Floor Pilates)認定指導者

本郷三丁目スタジオ - Instructor